初対面で心をつかむ!「また会いたいな」と男性に思わせるテクニック

出会いがたくさんある女性でも、そこから次へとつなげることができなければ、恋愛へと発展させることはできません。
男性にもう一度会いたいと思ってもらえることができたら、新しい恋が始まる可能性もかなり高くなることでしょう。
そこで今回は、「また会いたいな」と男性に思わせるテクニックを紹介します。ここを意識すると、次につながる確率が格段にアップしますよ!

■「ネガティブオーラ」は出さない



初対面でネガティブなオーラや陰なオーラを感じる女性には、やはり男性はいい印象は抱いてくれません。
笑顔が全くなく暗い雰囲気であったり、グチや悪口などネガティブな発言が多かったり、男性の話をやたら否定したりすると、とてもじゃないですが「また会いたい」とは思ってもらえないはず。
また、ちょっとした失敗談などの軽い自虐話は、会話を盛り上げるのに有効ですが、笑えないレベルの自虐はNG。「私ってダメだから……」など、「そんなことないよ」と言ってもらいたいような発言は、「この子面倒だな」と思われてしまうでしょう。
ただし、変にポジティブすぎたり、パワフルすぎたりする女性だと、それはそれでちょっと引かれてしまう可能性もあります。
なので、あくまでも「ネガティブオーラだけは出さないようにする」という点だけは注意するようにしましょう。

■「男性の話」を広げる



好印象を与えようと思うと、ついつい自己アピールをしすぎてしまう危険性があります。
自分の話ばかりをして、男性の話をあまり聞かなかったりすると、一緒にいて楽しいとは感じてもらえないかも。
男性はやはり、自分に興味を持ってくれて、自分の話をちゃんと聞いてくれる女性に弱いもの。
例えば、その男性が仕事に熱心なタイプなら、どんな仕事をしているのか、持ち物のセンスが良いなら、ブランドやこだわりについて聞いてみるとか。男性の得意分野を探って興味を示すと、気持ちよく話してくれて、「この子とは話しやすいな」と感じてもらえやすいです(あくまで興味津々!というスタンスを忘れずに)。
素敵な男性に出会えたのであれば、自分の話よりもまずは男性の話を広げようとした方が、「この子とまた話したい」と思ってもらえやすいですよ。

■「共通点」に気づかせる



出身地が近かったり、出身校が同じだったり。初対面で共通点がたくさんある人に出会ったら、それだけでちょっとテンションが上がったりするもの。
「もしかして運命の相手かも?」なんて思ってもらえるケースだってあるかもしれません。
なので、会話中もただダラダラ話すのではなく、どこかに共通点はないかと探りながら話すことができたらベストです。例えば、好きなスポーツだったり、飼っているペットだったり、見ているテレビ番組だったり……。なんでもいいんです。
そして、共通点があった場合には、「私もなんです」とそこから話を広げていくと、一気に親近感も湧くので、距離も急速に縮まりやすいですよ。

■「次回」を感じさせる



初めて会ったときに、男性があなたに好印象を抱いたとしても、あなたがどう思っているのかがわからないと、男性はなかなかその後で誘い出す勇気が出ません。
でも、さりげなく女性の方から「次回」を感じさせてあげると、男性も一気に声をかけやすくなります。
「次は食事でもしながら」とか「今度○○について詳しく教えてください」なんて言ってあげると、それを口実にできるはず。
「また会いたい」という思いを女性の方から見せると、男性はうれしいでしょうし、「俺も会いたいな」と思いやすいですよ。

おわりに


初めて会ったときにピンと来た女性には、男性もそのまま好意を持ちやすくなります。まずは相手に興味を持っていることを上手に示すことが、重要なポイントになってくるでしょう。
新年を迎え、これから新しい出会いもたくさんあるはず。チャンスをモノにしたいなら、これらのポイントをぜひ意識してみてくださいね!(山田周平/ライター)
(愛カツ編集部)

関連記事

提供元:    愛カツ

恋愛関連の記事