「あの~ペンギン探しているんですけど…」←最低なナンパ法。無視!

アラサー女子の皆さんこんにちは。

「この前ナンパされた」と姉に言ったら、「アラサーでもナンパされんねや!」と言われたライターの今来です。

そうです。

特に都会では、されますよね。

何歳になろうと、ナンパ。

今回は、絶対無視するべきナンパ師の一言をご紹介します!

って、すでにタイトルでネタバレしてますが…。

ナンパには2パターンある。ナンパ自己啓発野郎に要注意

世の中には二種類の男性がいます。

ナンパする男性とナンパしない男性です。

このナンパする男性もさらに二種類に分けることができます。

ひとつは、出会いを求めてナンパしている男性、もう一種類は「ナンパ自己啓発野郎」です。

ナンパ自己啓発野郎とは、女性のルックスに1~5などランキングをつけ、よりレベルの高い女性をゲトる(ゲットする。性的関係を持つの意)ことを目標としている男性のことです。

彼らの特徴は、

・すでにナンパ中毒気味になっている、楽しいかどうかもよくわからんが数を打ちたい

・ルックスレベルの高い女性を落とすことで、自分のステージがあがる(啓発される)と勘違いしている

・女性を人間ではなく、ゲトるためのコマとしてみている

・かつてモテなかった恨みで、女性を心の奥で憎んでいる

などが挙げられます。

ペンギンナンパは、ナンパ自己啓発野郎の常套句

ナンパ自己啓発野郎は、女性を人として見ていないので、会話するだけで不快になること請け合いです。ですから「ちょっと今時間がないので…」なんて丁寧に断る必要はありません。

あなたのとるべき行動は「無視」一択です。

ナンパ自己啓発野郎は、日々ナンパのセリフを考えています。

「あの~ペンギン探しているんですけど」もナンパ自己啓発野郎が使うセリフです。

このセリフは、お笑い芸人のザブングルさんがナンパ時に使っていたセリフで、一時ナンパ師たちの間で「使えるか否か」と話題になりました。

私も実際にこのセリフを言われたことがあるのですが、前知識がなかったので、やっぱりちょっと笑っちゃうんですよね。「えっ笑」みたいな感じで。で、場がなごんだところで、ナンパ開始なわけです。

 

ナンパ自己啓発野郎は、ナンパをゲームと考えているので、ペンギンナンパのような奇抜なセリフで笑わせてこようとしたり、笑いをとろうと必死になったりします。

こういった人たちに関わるのは時間のムダなので、毅然と「無視」を決め込みましょう。

Written by 今来今

関連記事

提供元:    Grapps

恋愛関連の記事