男性が「最初気にしていなかった女性」を好きになる瞬間3つ

恋人候補の女性を第一印象で選ぶと回答する男性は多いです。愛カツが4578名の男性を対象として実施した調査によると、46%もの男性が、女性が恋愛対象かどうかは、第一印象で「かなり決まる」と回答しました。


でも、残り約半分の男性は、第一印象だけで女性を判断するわけではないですよね。

最初はそんなに好みではなかったけれど、一緒にいるうちに、「あるタイミング」を経て、この子素敵だな、と急に気持ちが変わり始める瞬間が男性にはあります。
「あるタイミング」とはどういうタイミングでしょうか?

今回は男性の意見をもとに、そのタイミングをご紹介しますね。


①会話のスピードが合って、楽しく会話できた



「自分が考えるスピードを落としたり、配慮したりする必要のない相手と、テンポの良い会話をするのは本当に楽しい」(33歳・証券)

「話をうんうんと聞いてくれるだけではなくて、質問したり突っ込んだりしてくれる。そういう人って居心地が良い」(30歳・コンサル)


この「会話のスピードが合う」のは、男女関係においてはかなり重要です。話したいことを話したいスピードで話せるのは、本当に素晴らしいこと。
会話中、相槌を打つだけではなく、自分の話している内容のポイントを掴んで、質問も的確にできる。会話がスムーズにできる。そんな相手と会話をしていると男性はグッと来てしまいます。
会話のマナーも大きなポイント。知らないことを全部質問するのではなく、ある程度自分で考えて「これはそういうことですよね?」と聞く。一方で、知ったかぶりをしないで、分からないことは正直に分からないと言って聞く。
特にロジカル思考に長けたエリート男性にとっては、会話が会うかどうかは、容姿と同じくらい、もしくはそれ以上に相手に要求するポイントとなります。

② 手書きの字が綺麗



「手書きの字が汚いと、百年の恋も冷めてしまうかも……逆に字がキレイなだけで好印象」(29歳・国家公務員)

「社内の電話メモもらったときに、綺麗な字だと、それだけでその子が感じよく見える」(30歳・サービス業)


スマートフォンやパソコンで文字を入力するのが今はほとんどなので、なかなか手書き文字を見る機会は少ないです。

たとえば、電話メモの文字を見るととても綺麗な字が書かれている……。直筆の手紙をもらったときに整った字でお礼が書かれている……。それだけで男性はドキッとします。
字が綺麗ということは、心が落ち着いていて、教養もある、というサイン。美しい字を見ていると、その人の顔まで美しく見えてしまうものです。

③ 別れるときの挨拶やお礼



「大したおもてなしじゃないのに、今日はごちそうさまでした。と目を輝かせて言われると、いい子だなあと思う」(33歳・商社)

「解散したあとすぐにお礼メールが来ると、ドキッとする」(30歳・IT)


男性は単純で、自分がしたことに対して、相手が喜んでくれたり、笑顔でいてくれたりすると、それだけで満足してしまうもの。

別れ際に「楽しかったです!」とキラキラした瞳で言われたり、解散したあとにすぐにお礼メッセージをもらったりすると、それだけでいい気分になります。
*

第一印象が良くても、その後ダメになってしまうケースはいくらでもあります。最初の期待値が高いと、その人のアラが見つかったとき反動で評価はガタ落ちしますが、第一印象は微妙でも、その後評価が上がると、最初期待していなかっただけに、とても印象が良くなります。

自分は外見が微妙だから……と恋を諦めるのはとってももったいないですよ!
(愛カツ編集部)

関連記事

提供元:    愛カツ

恋愛関連の記事