【連載】色んなシーンで大活躍☆ダイソーの積み重ね整理棚を簡単リメイクしよう♪

二段ダイソーの積み重ね整理棚を簡単リメイク♪

皆さん、ダイソーでこんな商品を売られているのをご存知でしょうか? はい、収納アイテムの定番ですよね。こちらは積み重ね整理棚と言うそうです。 足の部分が折り畳めてスタッキングもできちゃう優れもの!ただし、このままだとちょっぴりチープな印象…。 そこで今回はこちらの整理棚を簡単にオシャレにリメイクする方法をご紹介します!    

様々な場所で使えてとっても簡単なリメイクなのでぜひ気軽に挑戦してみてくださいね♪  

材料

ダイソー 積み重ね整理棚色んなサイズが販売されていますが、今回使用するのは縦32センチ 横20センチ 高さ16.5センチのタイプですダイソー 桐すのこA 30センチ×31センチ 1枚 B 40センチ×25センチ 1枚  

作り方

1 すのこを分解する

すのこの接合部分にマイナスドライバーを当てて、トンカチで叩いていけば簡単に外れます。  

分解した板はAのすのこから2枚、Bのすのこから3枚ずつ使用します。  

2 すのこをカットする

Aの板はそのままの長さで大丈夫です♪ Bの板3枚をAと同じ長さにノコギリでカットしたら、断面部にやすりをかけます。  

3 ペイントする

まず積み重ね収納棚にアイアンペイントを塗ります。 白い部分は隠れるので塗らなくてOKです♪ターナーのアイアンペイントは、塗るだけで簡単に金属の質感が出せるとても便利なアイテム。  

私もヘビロテしています。 さて、先ほど分解したすのこ板を置いてみるとこんな感じになります。  

次にこの板にステインを塗っていきましょう。今回は「nuroブラックウォルナット」のステインを使いました。  

チューブ型なので直接木材につけられるのが便利♪  

適量出したら布を使って塗り込んでいきます。 今回はジャンクな雰囲気にしたかったので、ウォルナットを塗った板に、さらにブラックのステインを重ね塗りしてみました。  

少量出したら布やスポンジでポンポン♪  

わざとムラ塗りすることで古材のような雰囲気が出ます。 また濃いステインを塗った板にペンキを重ね塗りするのもオススメ♪  

乾いたら引き続き、こちらのホワイトで色付け。  

ベース部分を少し残してペイントすればペンキがはげたジャンクな雰囲気に。あまり水分を付けないのがポイント!  

実際に並べ、バランスを見ながらお好きな色にペイントを楽しんでくださいね。  

4 ボンドで接着する

ボンドを板の側面と…    

プラスチック部分に付けて木材を接着したら…  

完成です! あえてランダムに着色したので男前でもナチュラルでも対応できるデザインに♪    

デザインアイデア

オーソドックスなデザインだけどステインの濃さ、板の並びをバラバラにしたりしても雰囲気はガラリと変わります!  

こちらはブルーと白を組み合わせて爽やかでシャビーなデザインに♪  

実際に使ってみよう♪

キッチンで

こちらはキッチンに置いて調味料の台として使っています。台を拭くときには一式避けれるので便利そうですね。  

グリーン台として

スタッキングしてグリーン台にも。  

出典:https://folk-media.com/ポイントで入れた白い部分がシャビーな雰囲気を出してて、インテリアにも良くあっています。  

ペットのごはん台として

これならワンちゃんも首を落とさずに食べれるし、汚れても吹きやすいですね。  

ミニサイドテーブルとして

何段もスタッキングすれば棚としても使えたり、色んな使い方ができる優れものです。 色んな用途で楽しめるので、皆さんもぜひ試してみてくださいね!  

関連記事

提供元:    folk

ライフスタイル関連の記事