「G-SHOCKファン感謝祭」六本木ヒルズで、歴代モデル展示やKANA-BOONライブなど


誕生35周年を迎えたG-SHOCK(ジーショック)が主催するイベント「G-SHOCKファン感謝祭2018」が、2018年5月12日(土)に、東京・六本木ヒルズの大屋根プラザ/六本木ヒルズアリーナにて開催される。

六本木ヒルズ内の2会場で開催される本イベント。大屋根プラザでは、初号機「DW-5000C」や、初代Loverʻs Collection「LOV96-2」など、ブランドのマイルストーンになった歴代モデルを展示。

また、G-SHOCKの代名詞でもある“タフネス”を調べるための門外不出の実験機を開発センターから初めて持ち出し、会場でそのテストを実体験出来る企画や、G-SHOCKの開発者である伊部菊雄との交流イベントなど、ファン垂涎の企画が用意されている。

一方の六本木ヒルズアリーナでは、J-WAVE(81.3FM)とのコラボレーションによるアーティストライブを実施。国内の大型フェスに多数出演するロックバンド「KANA-BOON」、2017年に日本武道館でソロ公演を成功させた「SKY-HI」、ガールズバンド「ねごと」の3組がライブを披露するほか、EXILE ÜSAによるダンスワークショップ、バスケットボール日本代表による3×3やダンス、BMX、スケートボードのパフォーマンス、時計の販売も行われる。

【開催概要】
「G-SHOCK FAN FESTA “G-SHOCKファン感謝祭2018”」
開催日:2018年5月12日(土)
時間:11:00 オープン、19:00 クローズ(予定)
会場:六本木ヒルズ・六本木ヒルズアリーナ / 大屋根プラザ (東京都港区六本木6丁目10­1)
入場料:無料

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ライフスタイル関連の記事