今注目のアーティスト、アルベルト・ヨナタンの展覧会がスタート。

Earthly Radiance
【さらに写真を見る】今注目のアーティスト、アルベルト・ヨナタンの展覧会がスタート。
アルベルト・ヨナタン氏は粘土を用いて陶磁器制作を行っており、作品全てのパーツを雛形などを使用せずに自らの手で制作している。

2013年のヴェネツィア・ビエンナーレに、インドネシア館代表アーティストのひとりとして最年少で選出されるなど、いま世界が注目する若手アーティストのひとりだ。

今回の展覧会では、会場には海外から高い評価を受けている陶磁器を使ったインスタレーションを中心に映像やドローイングなど、現在進行中のプロジェクトの新作を含めて約10点を展示している。

ラテン語の土(terra)を語源とし、“土からきたもの”、または“土のようなもの”と定義されるタイトル(テリーン TERRENE)が付けられた同展に対し、ヨナタン氏は、「物質と無形、世俗的と精神的など、正反対同士の間を探ることが本展の中心的な目的となる」とコメントを寄せている。
アルベルト・ヨナタン「テリーン(TERRENE)」
開催期間/~2017年11月5日(日)
会場/「ポーラ ミュージアム アネックス」 東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3F
開館時間/11:00~20:00
・入場は19:30まで
入場料/無料
・会期中無休
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex

参照元:VOGUE JAPAN

関連記事

提供元:    VOGUE

ライフスタイル関連の記事