ドキュメンタリー映画『猫が教えてくれたこと』猫天国イスタンブール、自由きままに生きる7匹の猫に密着


ドキュメンタリー映画『猫が教えてくれたこと』が、吉祥寺「ココロヲ・動かす・映画館〇」にて、2018年3月10日(土)より上映される。2017年11月18日(土)に公開され、人気を博した本作の再上映となる。

舞台はイスタンブール

ヨーロッパとアジアの文化の交流地点であり、数千年ものあいだ世界有数の大都市として繁栄を誇ってきたトルコの古都、イスタンブール。この街に住む野良猫たちは、人々から食料や寝床を与えられながら、ある人にとっては生き甲斐として、ある人にとっては生涯の相棒として、周囲に生きる希望と癒しを与えながら自由気ままに生活している。

映画『猫なんかよんでもこない。』(15)、『世界から猫が消えたなら』(16)などの映画に始まり、カフェ、雑貨、写真展、コスメまで、日本の猫ブームはとどまることを知らない。そんな中で公開される本作は、猫を愛し猫とともに生きる街、イスタンブールだからこそ捉えることのできた猫の自由きままな生活ぶりや、人々と猫の暖かい関係性を捉えたドキュメンタリー映画だ。

地上10センチほどしか離れていない地面すれすれでカメラを使い、猫の目線でイスタンブールの街を撮影。猫にしか見ることのできない街並みを私達に見せながら、ガイドブックを見ながらでは体験出来ない、不思議な旅へといざなってくれる。

主役は7匹の個性的な猫たち

そんな本作の主役は、7匹の個性的な猫たち。生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるため、市場の食べ物を狙う虎猫「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫「ベンギュ」、レストラン近くでネズミ退治を仕事にしている「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場で働く商売人や客と触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」。生まれも育ちも全く違う彼らを軸に、世界で最も幸せに暮らす猫たちに迫る。

写真展&トークショーが開催

『猫が教えてくれたこと』の再上映を記念して、2018年3月11日(日)には、トークショー&写真展が「ココロヲ・動かす・映画館〇」で開催される。登壇者は、「ほぼ日刊イトイ新聞」に取り上げられた猫写真家・沖昌之。会場では、写真集「必死すぎるネコ」から抜粋した、愛くるしい猫たちの姿を捉えた作品展示が行われる。

作品情報

ドキュメンタリー映画『猫が教えてくれたこと』
監督:ジェイダ・トルン
製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
原題:Kedi
配給:アンプラグド
©2016 Nine Cats LLC

■再上映情報
上映日:2018年3月10日(土)~
映画館:ココロヲ・動かす・映画館〇
住所:武蔵野市吉祥寺本町1-8-15

■トークショー&写真展示
開催日:2018年3月11日(日)15:50~
登壇者:猫写真家 沖昌之

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ライフスタイル関連の記事