下北沢映画祭開催、過去最多4つの会場で感じる下北沢を彩るカルチャー


第九回下北沢映画祭が、しもきた空間リバティ、下北沢トリウッド、ライブハウス近松、HIBOU HIBOUにて2017年10月7日(土)から10月9日(月・祝)までの3日間開催される。

下北沢映画祭とは、ジャンルを問わない一般募集した映画作品のコンペティションをメインに、音楽や演劇、ファッション、グルメなど様々なプログラムを楽しむことが出来るイベントだ。

9回目となる今年のテーマは、「Light up! Cinema 映画を照らせ」。ミニシアターの閉館など、映画を取り巻く環境が劇的に変化している現在にフォーカスし、映画を様々な角度から捉えるための5つのプログラムを開催する。会場は、しもきた空間リバティ、下北沢トリウッド、ライブハウス近松、ギャラリーHIBOU HIBOUの過去最多となる全4会場をセッティング。コンペティションでは、応募総数244作品の中から選ばれた9作品を期間中3日間にわたって上映し、最終日に各受賞作品が決定される予定だ。

プログラムの第1弾として10月7日(土)には、映画『ディスタンス』を下北沢トリウッドにて上映。監督岡本まな自身のばらばらに暮らす家族と、その物語をカメラを通して紡ぎ出す、セルフ・ドキュメンタリー映画の本作。上映後には、岡本まな、詩人の文月悠光、音楽家の柴田聡子によるトークショーも行われる。

そして、プログラム第2弾で発表されたのは、タナカカツキをメインクリエーターに迎えた上演作品だ。イベント内で、マンガ家、映像作家、サウナ大使、水中園芸家など多くの顔を持つ彼の“あたまの中”を徹底解剖。ギャラリーHIBOU HIBOUとの連動企画も開催する。

新たに発表されたラインナップには、映画館に勤める男性と映画館閉鎖までを描いたウルグアイの名作『映画よ、さようなら』の上演が決定。上映後、映画館の減少に伴い映画の多様性が失われゆく今、これからどのように映画と出逢っていくべきかを俳優の中島歩らと共に考えていく。

他にも、ヒップホップカルチャーを全世界に広めた伝説の映画『WILD STYLE』をアーティスト2組のライブと共に上映。さらに期間中、今回のコンペティションのゲスト審査員、今泉力哉監督の第2回下北沢映画祭準グランプリ作品『最低』と今泉監督が手掛けた乃木坂46個人PVの上映も決定している。

【詳細】
第九回下北沢映画祭
期間:2016年10月7日(土)~10月9日(月・祝)
会場:
・しもきた空間リバティ 世田谷区北沢2-11-3イサミヤビル4F
・下北沢トリウッド 世田谷区代沢5-32-5-2F
・ライブハウス近松 世田谷区北沢2-14-16
・HIBOU HIBOU 世田谷区北沢2-7-2
開催内容:
■ドキュメンタリー「ディスタンス」上映
日時:2017年10月7日(土) 19:30~(開場19:15)
会場:下北沢トリウッド
チケット料金:1,800円(税込)
■スクリーンで映画と出逢う世界~あなたが想う映画体験のこれから~
日時:2017年10月8日(日) 10:30~(開場10:15)
会場:ライブハウス近松
チケット料金:2,000円(税込)+1ドリンク
■映画とラップの過去・現在・未来
日時:2017年10月8日(日) 19:00~(開場18:45)
会場:ライブハウス近松
チケット料金:2,500円(税込)+1ドリンク
■タナカカツキと“ととのう”会 ~アートを日常に翻訳する~
日時:2017年10月9日(月・祝) 13:30~ 開場は15分前
会場:しもきた空間リバティ
チケット料金:2,000円(税込)
■第9回下北沢映画祭コンペティション
日時:2017年10月7日(土)~9日(月・祝)
会場:下北沢トリウッド、しもきた空間リバティ
チケット料金:各回800円(税込) 通し券1,600円(税込) 授賞式1,000円(税込)
■今泉力哉監督フィルモグラフィ 振り返りプログラム
「乃木坂46個人PV無料上映」
日時:2017年10月8日(日) 15:30~
会場:ライブハウス近松
「第2回下北沢映画祭 準グランプリ受賞作『最低』上映」
日時:2017年10月9日(月・祝) 17:00~
会場:しもきた空間リバティ

関連記事

提供元:    ファッションプレス

ライフスタイル関連の記事