人気急上昇中の床バレエストレッチで、美ボディだけでなく美しい仕草までGET☆

床バレエストレッチは全部で12ステップ!
まずは、はあお向けになって股関節・尾てい骨・お尻をほぐすストレッチからトライ☆
➡詳しくはこちら

次は立ちor座った姿勢で、股関節や太ももを柔らかく!

STEP.7 立ったまま 両ひざを抱えて回す股関節を伸ばす
バレエの2番ポジションプリエ(足を肩幅より少し広めに開き、爪先をできるだけ横に向け、ひざを曲げた状態)で立つ。そのまま尾てい骨を左右に動かしながら深くしゃがみ込む。次に尾てい骨を前後に動かしながら深くしゃがみ込む。それぞれ5回ずつ行って。

5回

5回

 

STEP.8 太ももの内側を伸ばしながら座る
2番ポジションプリエの状態から片脚を横に伸ばし、手のひらを床にベタっとつける。そのまま手のひらひとつ分ずつ手前にゆっくり動かし、限界まで来たらお尻を床につける。次に、逆の脚を伸ばして同様に。お尻・股関節・内転筋など下半身全体を伸ばせる。左右1回ずつ行って。

左右各1回

 

STEP.9 正面に前屈
座った状態で片脚を真横に出し、もう片方のひざを曲げる。息を吸いながら両手を上げ、吐きながら少しずつ前屈。限界まで行ったら、そこで姿勢をキープして4呼吸。逆側の脚でも同様に。

左右各1回

 

STEP.10 左右に側屈
座り方はステップ9と同じ。出した脚とは逆側の腕を上げ、爪先の方向に側屈。反対側も同様に、1回ずつ行って。股関節の内側やわき腹をしっかり伸ばすので、ウエストのくびれも期待できる。

左右各1回

 

STEP.11 体をひねって前屈
ステップ9と同じ座り方で、正面で腕を上げる。出した脚の方に体をひねり、そのまま前屈。反対側も同様に、各1回。ひねりを加えることで、さらなるストレッチ効果が!

左右各1回

 

STEP.12 四つんばいで股関節を伸ばす
四つんばいで両ひじを立てて手のひらは床につけ、脚は2番ポジションプリエの状態に。手のひらひとつ分ずつ、ゆっくりと手前に動かして、限界まできたら、ゆっくりと息を吐きながら背骨を反らす。肩に力を入れずに、10秒間キープしたら終了。

1回

床バレエストレッチは呼吸法も大事!

呼吸法を正しくすると筋肉を上手にコントロールできるので、体が伸びやすくなる。息を吸うときは鼻からで、横隔膜を横に広げながらおなかを膨らませるイメージで。息を吐くときは口から、おなかが凹むまで吐き切って。

バレエダンサー・講師
竹田 純先生
『ながら』ではなく、どこがどう伸ばされているのかに意識を向けながら、集中して行うのがポイント。そうするうちに、自分の体の状態がわかるようになります。12ステップありますが、疲れているからといってどれかだけを行うのではなく、1 回ずつでいいので全ステップ行って。毎日継続することが大切です。

『美的』6月号掲載
撮影/城 健太(vale./人物) ヘア&メーク/yumi (Three PEACE) スタイリスト/坂下志穂 モデル/水戸セリカ(P.136~138)、横川莉那(P.139)イラスト/きくちりえ(Softdesign) デザイン/最上真千子 構成/内田淳子(本誌)

関連記事

提供元:    美的.com

ライフスタイル関連の記事