小川洋子の着想の秘密に触れる、珠玉の作品集。

『不時着する流星たち』

小川洋子著 角川書店刊 ¥1,620

冒頭の書き出しから、異界へと誘われる心地がする。静謐な文体のどこに、そんな魔術的なひらめきが潜んでいるのか。小川洋子が紡ぐ物語の魅力を堪能できるこの作品集では、それぞれの短編のおしまいに、着想のもとになったのは何か、が明かされている。ヘンリー・ダーガー、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー……彼らのどこに、作家は惹かれたのか。たとえばグレン・グールドにインスパイアされた『測量』は、盲目の祖父と孫が、一歩一歩、彼らの住む世界を測量していく。読み終えた後、もう一度、読み返したくなる全10編。

*「フィガロジャポン」2017年4月号より抜粋

関連記事

提供元:    madame FIGARO.jp

ライフスタイル関連の記事