【簡単レシピ】とろとろ・じわじわ、噛めば噛むほど旨味が増す「牛すじ丼」

牛すじと言えば、コラーゲンの宝庫。

でも、下処理がめんどくさいと敬遠している人も多いのでは?

たしかに下ゆでに時間はかかるけれど、

その間は放っておけるので意外に簡単。

多めに仕込んで冷凍保存しておくのもOK。

このコラーゲンの宝庫は定番料理にして、美肌を手に入れて!

材料(作りやすい分量)

・牛すじ・・・200g
・こんにゃく・・・1/3枚
・長ねぎ・・・1本
・水・・・すじがかぶる量
・醤油・・・大さじ2
・酒・・・大さじ1
・コショウ・・・お好みの量
・ニンニク(みじん切り)・・・小さじ1
・七味唐辛子・・・お好みの量
・ご飯・・・適量

作り方

1)牛すじはたっぷりの熱湯(分量外)で茹でてザルに上げ、ぬるま湯で丁寧に洗い、食べやすい大きさに切る。脂は取った方が、すっきりした味に仕上がる。
2)こんにゃくはすじの大きさに切るかちぎり、塩を入れた水(各分量外)で下茹でし、笊に上げる。
3)長ねぎは小口切りに。
4)鍋に1のすじと、すじがかぶるくらいの水を入れて中弱火で15分煮、2と調味料を加えて20分から30分煮る。ご飯にかけてねぎを盛り、七味唐辛子をふる。

recipe / なすんじゃ photo / 小林禎弘

関連記事

提供元:    Sheage

ライフスタイル関連の記事