【井の頭公園】吉祥寺駅周辺でテイクアウトできる、お花見におすすめのパン&デリのお店5選

のんびりおさんぽに人気の吉祥寺エリア。今回は、井の頭池の周囲に咲く桜が美しい花見スポット・井の頭恩賜公園と、おいしいごはんやスイーツががテイクアウトできる吉祥寺駅周辺のお店を「お花見さんぽMAP」とともにご紹介。

井の頭池に枝を差す桜。「井の頭恩賜公園」

「井の頭恩賜公園」は、JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分の都立公園。園内には約500本の桜があり、井の頭池の周りには約250本の桜が枝を伸ばしています。ボートに乗って池からお花見するのもいいですね。

開花に合わせて18:00~22:00の時間帯でライトアップもされるので夜桜さんぽもできますよ。

小さめサイズのパンが種類豊富に並ぶ「fig」

吉祥寺駅と三鷹駅のあいだ、井ノ頭通り沿いにある「fig」では、近所の人がふらりと訪れ、おしゃべりをしながらパンを選んでいきます。こちらのパンの特徴は、何といっても形がかわいいことと、小さめサイズということ。パンや焼き菓子をいくつか選んでいろんな味を楽しみましょう。

「chai break」の茶葉をたっぷり使った濃厚なチャイ

吉祥寺駅から歩いて3分。井の頭公園へ向かう小道の途中にある、チャイと紅茶のお店「chai brake(チャイブレイク)」。マサラスパイスを使った「オリジナルチャイ」や、期間限定の「季節のチャイ」など、紅茶の香りとうまみをしっかりと感じられる様々なアレンジのチャイをいただけます。ていねいに手作りされたフードメニューもおすすめですよ。

淹れたてのチャイとマフィンやケークサレなどをテイクアウトできます。

気軽に入れる、レトロなお惣菜やさん。「しまねこ軒」

吉祥寺駅から徒歩7分。末広通りを直進したところにある、お惣菜屋さん「しまねこ軒」。店内には、野菜がたくさん食べられる、女性好みのお惣菜が並んでいます。じゃがいもと玉ねぎがたっぷり入った「厚焼きオムレツ」と、シャキシャキ食感の「人参サラダ」がお店の看板メニュー。メインのおかず1種類と野菜のおかず3種類の組み合わせでお弁当も用意されているほか、お惣菜のみの詰め合わせもできますよ。

すべて手づくりのベジバーガー「デーヴァデーヴァカフェ」

ベジタリアンカフェ「デーヴァデーヴァカフェ」は、吉祥寺駅北口を出て徒歩約8分。東急デパートの裏手にあります。野菜のおいしさを引き出したデリやカレーはヴィーガンのお客さんからも人気。
ひよこ豆とオーガニック野菜で作ったパティを、北海道産100%の全粒粉と天然酵母を使った自家製バンズでサンドした「ヨギバーガー」や甜菜糖やメープルシロップで作るケーキをテイクアウトできますよ。

オーガニック野菜や酵素玄米のランチボックス「オリド」

吉祥寺駅北口から歩いて約15分。東京女子大学へ向かう通り沿いに「オリド」はあります。料理の主役となる野菜は有機栽培や減農薬栽培のものから厳選。小麦粉や肉類も国産のものにこだわっています。野菜のデリやカレーが日替わりで味わえる「ランチボックス」は、モチモチの酵素玄米がクセになりそうなおいしさです。

今回のお花見MAPはこちら

ピクニックにぴったりの芝生があるエリアは、園内の西園側。井の頭公園駅の裏手の「三角広場」にも芝生が広がります。井の頭恩賜公園内のあちこちにあるベンチを利用してもいいですね。
ぜひ、吉祥寺ならではのテイクアウトグルメとともに、井の頭恩賜公園でのお花見とピクニックを楽しんでみてください。

関連記事

提供元:    ことりっぷ

ライフスタイル関連の記事