ころんと丸いシルエットがかわいい、徳島生まれの和菓子「阿波うさぎ」

阿波・徳島の名物、ぶどう饅頭で有名な日乃出本店で、愛らしい見た目の和菓子をみつけました。「阿波うさぎ」は「お目目」と「お耳」焼印をあしらったひと口サイズの焼き菓子です。

心和む、やさしい味わいの和菓子「阿波うさぎ」

「日乃出本店」は、大正3年創業の老舗和菓子店。「小さなお菓子で 大きな笑顔」を合言葉に、看板商品の「ぶどう饅頭」を中心に、素朴で愛らしい和菓子たちを作り続けています。

そんな「日乃出本店」でみつけた「阿波うさぎ」は、小豆の皮を丁寧に取り去ってから漉す「薄墨の漉し餡」を、こうばしい焼き皮で包み、風味豊かに仕上げた人気のお菓子。

お殿様の命を助けた!?「うさぎ」がモチーフ

徳島・穴吹町の「白人神社」は、一般的なご神燈の狛犬と異なり、うさぎが座っている、ちょっとめずらしい神社。昔々、この地を訪れた殿様がうさぎ穴に足を取られてよろめいたおかげで、飛んできた矢を避け、命拾いをしたことが由来だそう。それからうさぎは、神の使いとして大切にされてきました。

あたたかいお茶を一緒にどうぞ

長い年月の間、徳島の人々に親しまれてきた阿波のうさぎ。けして華やかさはないけれど、どこかほっとする素朴な味は、これから先も多くの人たちに愛され続けていくはずです。あたたかいお茶を一緒にいただいてみては?

関連記事

提供元:    ことりっぷ

ライフスタイル関連の記事