一石二鳥!胸筋×腹筋×二の腕を一気にエクササイズ!ファンクショナルトレーニング

自分の体のくせを知り、弱い部分や鍛えたい部分を強化して『動ける体』を目指すファンクショナルトレーニング。このトレーニング、様々な筋肉を使いながら引き締めるので、効率の良さも◎。
今回は、胸筋、腹筋を鍛えながら、消費エネルギーを上げることで二の腕も細くなるという一石二鳥のトレーニング方法を教えていただきました。

教えてくれたのは……

ゴールドジム adidasパフォーマンス トレーニング 認定トレーナー鈴木俊洋さんトレーナー歴10年。アメリカのEXOSで学び、ADIDAS FUNKTIONAL TRAINING Trainerの資格を取得。老若男女、多くの人々の〝動ける体〟を指導する。

 

〈ファンクショナルトレーニング ~二の腕編~〉
\胸筋や腹筋…いろんな筋肉を動かすことで代謝アップ。ほっそり二の腕が手に入る/
【STEP 1】二の腕だけでなく胸の筋肉も鍛えられる プッシュアップ 〈10~15回×3セット〉
90度にひじを曲げたら…



グッと一気に押し上げる!

「両手を肩幅分ぐらい開き、腕立て伏せの姿勢から。あごを引き、頭から足先までは一直線の状態で、お尻が下がらないように。指先は正面に向け、目線は下に向けたままひじを深く曲げてから上に押し上げる。ひじを曲げたときに腕と床が90度になるぐらい曲げるのがポイント。大胸筋も鍛えられるのでバストアップにも◎。10~15回×3セット行って。」

 

【STEP 2】胸筋や体幹まで強化 ディープシーダイバー 〈30秒~1分間×3セット〉
両ひじを伸ばした状態からスタート



右ひじをつく



左ひじをつく



右腕から起き上がる

「腕立て伏せの姿勢から。右ひじ→左ひじを床につき、右腕→左腕の順で起き上がる。これを30秒~1分間繰り返す、という動作を3セット行って。プッシュアップと同様、頭からお尻までは一直線になるように、姿勢に注意して。二の腕だけでなく、腹筋や体幹にまでアプローチできる。」

 

【STEP 2】ウエストシェイプにも効果的! ショルダータップ&リーチ 〈左右10~15回×各3セット〉
肩をタップしたら…



腕を遠くまで伸ばす!

「腕立て伏せの姿勢で足を肩幅よりも広めに開き、右手で左肩をタップしたら右手の指先を前方に、できるだけ遠くまで伸ばす。体をひねらず、骨盤は床と平行の状態を常にキープして。右腕で10~15回連続して行ったら、左腕で10~15回行う、というので1セット。これを3セット行って。ウエストシェイプにも効果がある。」

 

\鈴木先生からのアドバイス/
二の腕も、そこだけを鍛えるのはNG。ステップ1 ~3を腕立て伏せの姿勢で行うことで胸筋や腹筋まで鍛えられ、消費エネルギーが上がるからこそ、結果的に二の腕も細くなるんです!

 

これもおすすめ!
つらいときはひざをついてトレーニングしてもOK!


頭からひざまでは一直線になるように。へっぴり腰にならないように、姿勢はしっかりキープして。

 

 

撮影/資人導(vale.) ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) スタイリスト/坂下志穂 モデル/磯山さやか デザイン/最上真千子 構成/内田淳子(本誌)

関連記事

提供元:    美的.com

ライフスタイル関連の記事