心を込めたフランス料理をより身近に

マカロン 由香 さん

出典: http://foodport.jp

「3歳位から一番好きなテレビ番組はキューピー3分クッキングでした。もともと幼少期からものづくり、表現することが好きでした」という生粋の料理魂をもつ、マカロン由香さん。

幼稚園教諭から一転、本場フランスへ渡り料理の道へ。その経験を活かし、現在はフランス・ガストロノミーの出張料理人として、また代官山キッチンスタジオでの料理教室運営を中心に幅広い分野でご活躍です。

今回は、塩分や時間、順序が大切なお野菜の茹で方や、混ぜる工程の大切さを感じるヴィネグレットを使用した「8種の季節野菜とクスクスのサラダ クミンヴィネグレット風味」をご提案いただきました!


自分らしいマカロンスタイル

「出張料理という唯一無二の時間を、空間を含めた食をお伝えするこのスタイルが一番自分らしいと思いますし、料理教室と出張料理の二足のわらじをはくこのスタイルが自分にしかできないマカロンスタイルだと感じています」

そもそも、マカロン由香さんの料理人生には、様々なスパイスが効いている。

「10代後半から、現代画家のアトリエにはいって油絵をやっておりました。表現というつながりで、キャンバスに色をのせる感覚で、味ものせてみたくなったというのがきっかけかもしれません」

それでも、大学では教育学を学んでいた経緯から卒業後は、幼稚園教諭に。

「幼稚園教諭をしているときも自己流でおもてなしをしたり、友人に教えたりと料理をしておりましたが、次第にやるなら徹底的に、という凝り性な性格がでてまいりまして。“料理の東大”というキャッチフレーズにも惹かれ(笑)エコール辻に入学しました」

その後のマカロン由香さんの活躍は目覚ましく、出張料理人として大きなパーティの料理をも彩る日々だ。

そんなマカロン由香さんが、調理をする上で心がけていることを聞いた。

「料理は80%視覚で食べていると言われていますけれど、だからこそ心を込めて調理するものだと思います。心の込められた料理は見た目80%の世界にも必ず生きてくると感じています。つまり、ほんの一手間で、いっそう食材の味が活きて、料理の完成度が上がるのです」


分かりやすく伝えたい!という想い

今回11月に出版された新刊書籍『マカロン由香のビストロ料理a.b.c』は、フランス料理という少し高く感じるハードルを、フランスの家庭料理=ビストロ料理という切り口で、より身近なレシピとして紹介している一冊。

なんといっても基本がとても大切であり、この部分をきちんと調理することでいかにおいしい料理に近づくかというポイントが分かりやすく説明してある。

「長い間温めてきた、ずっと形にしたかった一冊となりました。レシピを数多覚えるのではなく、調理の基礎、料理学のルールを習得すれば、いかようにも応用が効くと思います。学生時代から教育を専攻しておりまし、幼稚園教諭として現場にたっていたので、分かりやすく教えること。学ぶ人に寄り添って伝えることを、大切にしてきました。だからこそ、初心者から上級者まで身につく内容にと、分かりやすく作りました。フランスの家庭料理が、料理そのものが、もっと身近に感じていただけますようにという願いをこめて」と、マカロン由香さん。

今回の料理は、新刊で紹介している「ドレッシング」と「野菜のゆで方」のメソッドを組み合わせてつくる一品。

心を込めたお料理が食卓の笑顔につながります。

関連記事

提供元:    FOOD PORT

ライフスタイル関連の記事