味は濃いめが鉄則!? 作り置き料理のポイントとおすすめレシピ3つ

出典: http://papimami.jp

こんにちは、佐原チハルです。

料理が好きな人でも、準備や片付けのことを考えたり、毎日・毎食作らなければならなかったりすると、「面倒くさい!」ってなりますよね。

そんなときに便利なのが“作り置き”。

時間のある、気分の乗っているときに楽しく作って、そうでないときには食べるだけで良いのですから、良いとこ取りです。

そこで今回は、作り置き料理のポイントと、オススメのレシピをご紹介してみたいと思います。

●作り置き料理のポイントは“衛生管理”

楽しく・おいしく作り置き料理を楽しむためには、安心して食べられるものであること が欠かせません。

数日間の保存を前提としているため、保存にはいくつかの注意事項があります。

・味は濃いめに

……塩・砂糖などを多めに加えることで、食品中の水分を減らすことができます。

・火はしっかりと通し、水分を残さない

……菌を殺すため、また菌が繁殖しないようにするためにも重要です。

・調理器具や器は清潔に

……菜箸は複数用意する、まな板は1回ずつ洗う、器はよく洗って完全に乾燥したものを使う、など気を付けましょう。

これらの注意事項は、お弁当作りの際や、実は日頃の料理の際にも気をつけておいた方が良いものばかりです。

少し面倒に思われますが、しっかり守るようにしましょう。

また、保存の器から取り出す際は、キレイな箸などを使うことも重要です。

直接食べたり、食事中の箸などを使って出したりするのは、雑菌を繁殖させてしまう原因になる のでやめた方が良いでしょう。

●オススメの作り置きレシピ3つ

●(1)ソースそぼろ

【材料】

ひき肉……200g

ソース……大さじ2

醤油……お好みで

【作り方】

1、ひき肉を炒める。

2、ぼろぼろになったら、ソースと醤油を加え、水分がなくなるまでさらに炒める。

そぼろといえば、おなじみの“醤油・みりん・砂糖”の味ももちろんですが、ソース味も新鮮 でおいしいです。

ステーキソースや焼肉のタレで炒めるのもオススメ!

●(2)人参のキンピラ

【材料】

人参……大2本

塩……少々

醤油・みりん……大さじ1

サラダ油……適量

【作り方】

1、人参を細切りにする。

2、サラダ油を熱したフライパンで、細切りにした人参に塩をふって炒める。

3、火が通ったら、醤油・みりんを加えて味をつける。

食材が人参だけなので楽チンです。お弁当の隙間を埋める一品 としても優秀ですよ。

●(3)切り干し大根の炒め物

【材料】

切り干し大根……1袋

人参……1本

塩……少々

だしの素……適量

サラダ油……適量

【作り方】

1、人参は細切りにし、切り干し大根はさっと洗って水を切っておく。

2、サラダ油を熱したフライパンで、人参と切り干し大根を塩で炒める。

3、火が通ったら、だしの素で味を整えながら炒める。

切り干し大根といえば煮物が有名ですが、炒め物もオススメです。

温かいうちは、おかかやゴマをまぶしていただく と味わい深くなります。

----------

作り置き料理は、それを作る時間さえ確保できれば、日々の余裕と“もう一品”の贅沢を与えてくれるものです。

とはいえ、まずは“作る時間の確保” が第一関門。

この第一関門を突破できるかどうかは、お仕事などの状況や、パートナー・家族の状態によっても変わってきます。

自分の努力だけでどうにかしきれるものではありませんが、より余裕ある生活リズムを作れるチャンスを見逃さないよう、アンテナを張っておきたいですね。

【参考リンク】

・作りおきおかずとお弁当のコツまとめ | ベターホームのお料理教室(http://www.betterhome.jp/lp/book_02/index.html)

●ライター/佐原チハル(フリーライター)

●モデル/KUMI(陸人くん、花音ちゃん)

関連記事

提供元:    パピマミ

ライフスタイル関連の記事