一番好きな国、ポルトガルのリスボン①~甲斐まりかの旅エッセイ

ファッション誌やCMで活躍中のモデル 甲斐まりかさんによる旅エッセイ『Marika’s Passport』。3歳で東京を離れてから、マレーシア、タイ、ドイツなど、いろいろな国でさまざまなカルチャーに触れながら育った彼女だからこそ感じることを、英語と日本語で綴ります。 タイトルのパスポートとは、足跡の意味。彼女が歩いてきた道、旅した道を一緒に辿ってみましょう。 

In the previous entries I have written about my passion for beautiful Porto;needless to sayLisbon is also at the top of my favourite cities list. However I am not here to just lay out the famous tourist attractions just like a typical guidebook but to share my original route of efficiently going around Sintra and Cabo da Roca. Sintra was actually the place where I missed out on the first trip to Portugal, hence I had to solidly planned the route when I included it in my second visit to Portugal.

2回にわけて、ポルトについてたくさんの魅力を伝えてきたが、もちろんリスボンもいち押しの街。でもここで教えたいのはリスボン市内の観光ではなく、そこから一足伸ばした世界遺産の街、シントラの魅力と、ユーラシア大陸最西端のロカ岬も一緒に日帰りで効率的に楽しめる私流のルート。シントラはもともと初めてリスボンへ旅行したときに行きそびれた場所で、2回目は絶対リベンジすると決めていた。

The easiest way to get around is definitely taking the train which only takes an hour to Sintra from Lisbon. It might also be a good idea to stay over a night if you have time to spare since there are more things to do than what I'm going to share here. Personal favorite spots are Pena palace and Quinta da Regaleira. They both had strong impressions on me compared to other castles I have visited in Europe, especially the vividly colourful Pena Palace. It really makes you feel as if you are a character in a digital game fantasy! As the palace is situated on top of a hill, the panoramic view from the terrace is breathtaking and if you're lucky you might be able to even see Lisbon.

リスボンからシントラへの行き方は電車がいちばん便利で、1時間ほどで着くのでそのままシントラ観光! シントラはたくさん回るところもあるため、余裕があれば一泊するのもおすすめ。個人的にここで絶対押さえておくべきスポットはペーナ宮殿と緑が茂るレガレイラ宮殿。
今まで訪れた宮殿のなかでも、かなりインパクトが強かった異様なペーナ宮殿は、ゲームの世界に入り込んだような見た目だけでもテンションが上がるはず。奇妙なモチーフだけではなく、細かい模様も楽しめるので、それはぜひ自分の目でみてもらいたい。山の頂上に聳(そび)え立ち、鮮やかな赤や黄色がより一層存在感をアピール。見晴らしはもちろん絶景で、天気のいい日にはリスボンまで一望できるそう!

Quinta da Regaleira is my personal favourite place in Sintra where the massive maze-like garden creates an adventurous experience going through underground tunnels and hidden routes that will lead you to different exists. And don't forget the initiation wells! It was never built to be used as wells but to hold traditional imitation rites. You may feel something spiritual going up the spiral staircase that leads you to the brighter way.

次はシントラで個人的に一番よかったレガレイラ宮殿。ペーナ宮殿は歴史的建造物とは思えないような非現実的なスポットだが、レガレイラ宮殿はとても広いガーデンが、ゲームの世界を体験できるようなアドベンチャラスな作りになっているため、迷路の様な地下道で移動できたり、まるで探検隊のような気持ちになれる。
そして外せないのは、イニシエーションの井戸と言われる儀式が行われていた神秘的なスポット。螺旋階段の様な作りになっているため、光の方を辿って地上に出るという不思議な経験も出来る。

After conquering the top two attractions, it is time to head to the westernmost extent of Eurasian land, Cabo da Roca! This place may mean something a little bit special for us Japanese people to visit as we origin from the island located at the extent of the easternmost land. The symbolic cross is encarved with “here, where the land ends and the sea begins” by Luís de Camões. Looking down the rough cliffs, you see the waves aggressively hitting the land. It made me think how courageous the explorers were and the risks they had to face in order to discover new lands across the ocean. We live in a generation that are not challenged nor exposed to such danger in daily life. Nonetheless, I felt positive energy standing at such power spot listening to the rough waves gazing over the neverending horizon.

このトップツーを回った後は、本数の少ないバスに乗っていざ、ユーラシア大陸の最西端へ! ロカ岬は、ユーラシア大陸の最東端の先に住む日本人にとっては少し特別な気がする。シンボルの様にそびえ立つ十字架には詩人のカモンイスが詠んだ「ここに地終わり、海始まる」と刻まれており、果てしない太平洋は断崖から見下ろすと容赦ない荒波が押し寄せる。
一昔前、新大陸を求めて挑戦に出た数多くの冒険家たちは、恐怖に立ち向かう勇気が必要だったに違いない。その勇敢さを今の時代に感じられる機会はあまりないが、柵のギリギリで海風に当たりながら荒波の音を聞くだけで、勇気が出る気がする。

Lastly, you take the bus towards Cascais and get on a train ride back straight to Lisbon. In fact you can still enjoy the sea view from the train that runs by the coast.

最後はロカ岬から、カスカイス行きのバスに乗り、そこから電車一本でリスボンへ戻れば完璧なコース。帰りの電車は海沿いを走るため、景色を楽しみながら帰ることもできる。

今日のフレーズ

“Needless to say”
もちろんという意味の少し上級な言い回しです。直訳すると、言うまでもないと言う訳になります。

写真・文/甲斐まりか

関連記事

提供元:    GINGERweb

ライフスタイル関連の記事