おうちスッキリ化計画☆なくても暮らしていけるもの&あると便利なものまとめ

毎日のお片付けや家事のたび、「どうしてこんなにものが多いんだろう…」と悩んでしまうことはありませんか?また断捨離をしたものの、「まだごちゃごちゃしている気がする」と思うこともあるはず。 今回は「あるのが当たり前」になっている、様々な「なくても暮らしていけるもの」をご紹介します。反対に「あると便利なもの」もお届けしますので、おうちをスッキリとさせたい方は必見ですよ。 より身軽に・そして丁寧な暮らしができるようになるためにも、ぜひチェックしてみてください!

これでおうちがスッキリ!なくても暮らしていけるもの・あると便利なものとは?

ティッシュケースをなくして、よりスッキリ

何となく使っているティッシュケースは、派手なパッケージのティッシュをおうちに馴染ませてくれるアイテム。 ですがホコリが付着したり劣化したりと、ティッシュケース自体のお手入れも大変ですよね。 思い切ってティッシュケースを断捨離すると、メンテナンスの手間が省けます。シンプルなカラー・デザインのティッシュペーパーを探してみましょう。    

ワゴンがあれば、他には何もいらない

リビングを見渡すと、収納グッズやゴミ箱など、細々としたものがたくさんある…というお宅も多いかと思います。 ディノスで購入したというこちらは、ティッシュケース・ゴミ箱・リモコン収納が一体となったワゴン。オールインワンアイテムは、断捨離の強い味方です。 移動も簡単にできるため、とても便利そうですね。  

メイクもマルチに使えるものをチョイス

メイクボックスやメイクポーチの中がごちゃついている、というときには、マルチに使えるタイプのコスメを選ぶと省スペースになります。 こちらは、ルナソルのスタイリングアイゾーンコンパクト。シックな見た目もポイントです。  

キッチンを広々とさせる

キッチンのシンク横で存在感を放つ、水切りかご。お手入れの手間もかかるうえ、溜まった食器をついそのままにしてしまいがちですよね。 思い切って水切りかごを断捨離すると、キッチンは広々。水切りマットなどの上に食器を置いておくだけで、キチンと乾かすこともできます。  

おいしさと時短も手に入る

タイマー付きで便利な炊飯器。そんな炊飯器ですが、昨今は手放す方が増えているんですよ。その代わりに活躍してくれるのが、土鍋。 土鍋でお米を炊くと、ふっくらと美味しいご飯が食べられるのだそうです。また、炊飯時間も炊飯器より短くなることも。 試しに何度か炊いてみると、その美味しさの虜になりそうです。  

インテリアは壁で楽しむ

インテリアにアクセントをつけるため、観葉植物やキュートな雑貨を並べるということもありますよね。 ですが、ものが多いお部屋はごちゃごちゃ感が出るのはもちろん、扱いやお掃除などで手間がかかることもあります。 インテリアを楽しみながら、シンプルに暮らしたい!というときには、壁面をウォールステッカーなどでアレンジするのがおすすめ。 ホコリや破損とも無縁で、気軽に模様替えもできちゃいます。  

フェイスタオルを、バスタオルがわりに

かさばり、お洗濯の手間もかかるバスタオル。そんなバスタオルをフェイスタオルで代用すると、収納も家事も楽ちんになります。 少し大きめのフェイスタオルを使えば、身体もきっちりと拭くことができますよ。こちらは、TOPVALUEのhomecoordyのものです。  

本棚がいらなくなるかも?

電子書籍リーダーを愛用しているインスタグラマーさん。おうちに本や本棚がないと、劇的にお部屋はスッキリとしますよね。 気軽に持ち運びもできるので、おうちではもちろん、お外でも読書が楽しめます。  

マルチに使えるソープ

洗顔料やハンドソープ、お掃除用の洗剤などなど、おうちにはたくさんのボトルがある、ということもあるかと思います。 話題の「マジックソープ」なら、洗剤としてはもちろん、ボディソープやシャンプーとしても使うことが可能。 1本あるだけで、おうちや自分のメンテナンスが楽々できるんです。  

ペーパーレス化で、計算も楽ちんに

家計簿をパソコンでつけているユーザーさん。表計算ソフトなどを使うと、自動で計算してくれるほか、グラフ化などもしてくれてとても便利です。 ペーパーレスなのでお部屋もスッキリし、節約にもなりますよ。計算が面倒で家計簿が続けられない、というときにはぜひ真似っこしてみてください。  

洗剤いらずで、手にも優しい

お掃除や食器洗いのときに洗剤を使うと、手が荒れてしまいますよね。ゴム手袋などを使うと手荒れは防げますが、ものは増えてしまいます。 こちらの実例のように、洗剤いらずで食器やシンク、洗面台などがピカピカになるアクリルたわしを使えば、そんな悩みも解消します。 好きな色やモチーフでオリジナルたわしを作ると、お掃除の時間がもっと楽しくなりそう。    

ソファが無くても

存在感もあり、動かすのも大変なソファ。そんなソファを思い切って断捨離すると、リビングは劇的に広くなります。 こちらの実例では、ソファの代わりに無印良品の「体にフィットするソファ」を利用。 ふわふわクッションで思い思いにくつろぐのも、リラックス感があっていいですね。  

音楽を聴くのも、ミニマルに

日常に音楽を取り入れている方も多いですよね。シンプルに暮らしたいなら、CDではなくデータで音楽を聴くのがおすすめです。 思い立った時に、すぐ音楽を聴くことができますよ。高性能スピーカーがあれば、CDプレイヤー類も不要です。 おうちにCDが沢山ある…というときには、ぜひデータ化してみてください。  

思い出は、写真にして

お子さんの作った作品や書いた絵は、そのまま捨ててしまってはもったいないですよね。 とはいえ全て取っておくとすごい量になってしまい、劣化したり壊れてしまうことも。 素敵な作品ができたら、ぜひ写真に収めてアルバムに入れてあげてください。見やすさも抜群なので、楽しみながら眺められます。  

できるものは自作してみて

「おいしそうだから」と買ったドレッシング。結局使いきれずに捨ててしまったり、あまり口に合わなかったり…ということもありますよね。 そんなドレッシングをはじめとする調味料は、自作するとお好みの味が楽しめます。あれこれ買わなくてもいいので、節約にも繋がりますよ。  

まとめ

様々な「なくても暮らしていけるもの」「あったほうが便利なもの」をご紹介しました!おうちにより、必要なもの・不要なものは違うかと思いますが、断捨離やシンプルライフの参考になれば幸いです。 あればあるほど便利に思える反面、場所や時間を使ってしまう「もの」。ぜひ自分の今のライフスタイルに必要かどうかを見極め、スッキリとした生活をしてみてください!

関連記事

提供元:    folk

ライフスタイル関連の記事