Q美容室のヘアカラー白髪染め)は値段によって良し悪しがあるのでしょうか?

私は毎月『美容室Shampoo』でヘアカラーをしています。
このお店はチェーン展開されているようなので、リーズナブルなお値段なのでしょうか?

個人経営の場合は、値段設定の高いお店の方が、良い薬剤を使っているのでしょうか?

ヘアカラーの頻度が増えたせいか、前より髪が傷んでしまいました。
そこで美容室を変えた方がいいか迷っています。
何か良いアドバイスをお願いします。

解決済み3
2012/12/26 22:39

ベストアンサーに選ばれた回答

A美容室経営者です。
ちょっと解りにくいかもしれませんが、一番大きく差が出る事を書きます。
トリートメントのケア」など、気休めに過ぎません。本当のダメージの差は 「染め方」で決まります。

■見分け方
あなたの行きつけのサロンの毛染めで「根元を染めてください。毛先も色が汚くなってるのでこれも直してください」 と注文したとき、
①のサロンは1種類の薬剤のみで染めます。 ②のサロンは「根元用」と「毛先用」の2種類の薬剤で染めます。

■毛染めはなぜ傷むのか
毛染め は 「色を抜く働き」と「色を入れる働き」 の両方を持っています。 だから黒毛が茶になり、白毛も茶になります。
髪が傷むのは「色を抜く働き」が原因です。

■1種類染めと2種類染めでは何が違うのか

①1種類染め ・材料費節約方式(髪が非常に傷む)
根元の薬剤をクシで毛先に伸ばす、又は根元に使用した薬剤の残りを毛先に塗る。
すると、毛先は色を補充したいだけなのに、「色を抜く」「色を入れる」の両方が行われ、そうでなくても傷んでいる毛先が相乗で痛みます。また、本来不要な「色を抜く」をやったため 次回に「色が抜ける」が早くなります。

②2種類染め (何回染め直しても1回分しか傷まない)
根元に使用した薬剤のほかに、毛先用の「色を入れる働き」しかない薬剤をもうひとつ作ります。
根元には普通の薬剤を塗りますが、毛先にはこの毛先用を塗ります。毛先用は「色を抜く働き」が無いのでダメージがほとんどない上、不必要な「色を抜く」をしないため、日数が経過したときの「色抜け」「色あせ」がかなり少なくなります。


②の方式は薬剤を2種類つくらなくてはならず、材料費が余計にかかる上、毛先用の毛染め剤のストックも置かなくてはならず、在庫も増え、手間もかかります。


しかも、お客様からは 施術直後では 「違いがわかりにくい」、すぐに差がでるのではなく、積み重なって徐々に「すごい差」になるのです。どちらで染めても、その違いに気づく人は滅多にいません。

②方式は、通常安い料金のお店ではほとんど行われていません。


ウチのサロンでは②が当然ですが、現にそれが重要なことであることをわかって下さっているお客様はほとんどいません。
私たちの説明不足にも問題はありますが、この説明をお客様ひとりひとりにするのは、どうも大変すぎて・・・
2012/12/28 05:22

質問した人からのコメント

皆様、回答ありがとうございました。BAをどなたにするか迷いましたが、美容室を選ぶ際の基準になる回答をいただけたので、こちらの方をベストアンサーにさせていただきました。

2012/12/29 23:42
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
Aサービス、技術はお店それぞれです。
極端に安くない限り薬剤による髪のダメージも大きく変わらないでしょう。

カラーをすれば痛みます
そこであなたが何をするかです。
リーズナブルなお店でもケア剤、トリートメントなどすればそれなりの金額になるのでは?
高いお店はケア剤がついていたりします。

リーズナブルだけに重点をおくか、ケアに重点をおくかによって料金もダメージも変わります。
2012/12/27 11:38
A『美容室Shampoo』は、
多分、高級店、中級店、大衆店、ジュニア店
みたいに何種類かのブランド(店名)を運営してる
会社だったように思います。(TAYAグループ)
『美容室Shampoo』はその中のジュニア店的ポジション
(その会社が経営してる中で一番安い)だったように記憶してます。
そこで美容師は数をこなし、上手くなったら上のブランド店
(値段の高い店)に行けます。
*私の知ってる『美容室Shampoo』と違っていたらごめんなさい。

薬もどれだけケアしながら染めるのか(染め方)も違います。
色落ちの早さも違います、大抵の場合色落ちが
早い程傷みます。又、毛染めには、過酸化水素と言うのもを
使っていますが、これを最後に分解除去するかしないかで
後も髪が傷みずらくなるかどうかがちがいますし、
長い目で見れば除去することで染めた後の
頭皮の余計な酸化を防いでくれます。
皮膚酸化とは老化の事です。
早い人は45歳でも頭皮に老人性のシミ(皮膚刺激で出来る
物は、少し膨らんでいてホクロっぽい感じで表面がざらついてる)
が出ます。
勿論、安いヘアカラーだけが原因ではないかもしれませんが、
60歳くらいまでならヘアカラーを辞めて1~2年でなくなることもあります。
そういう事は
安ければやりません。
2012/12/27 10:01