Qおよそ2ヶ月前に縮毛矯正をかけたのですが、「うなじ」の部分の髪の毛がギシギシしてしまいます。
触り心地も他の縮毛矯正がかかっている部分とは違い、ザラザラして指に引っ掛かります。また、その部分が広がってしまいます。

●うなじの部分だけ縮毛矯正が失敗してしまったのでしょうか
●その部分の髪の毛は痛んでいるのでしょうか
●同じ美容室で縮毛矯正をかける場合は、どうすれば失敗しないでしょうか。
●また、「現在のうなじの髪の毛の状況」を伝えるべきでしょうか

回答お願いします。

補足

ここ最近はうなじ以外の部分にも「ギシギシ」が広がってしまっています。縮毛矯正がとれてきてしまっているのでしょうか。
一応は指名をして縮毛矯正をかけてもらっているのですが、うなじ付近は別の美容師の方が処理していました。そういったことも「ギシギシ」に関係しているのでしょうか。

解決済み3
2010/10/12 22:18

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこれはたぶん何らかのミスだったと思います。

原因のひとつに一液のお流しが不十分で薬剤が残ってたと言う事が考えられます。

この場合はビビリ戻しをして貰う事をお勧めします、このままだと髪が引っかかり切毛の原因にも成りますので

何処の美容室でも対外1週間以内でしいたらお直しは無料だと思いますので
もっと早い時点でお店に伝えた方が良かったのでは

次に同じ店に行っても行かなくても前回の矯正でこうなった事をはっきり伝えた方が良いです。
2010/10/15 10:51

質問した人からのコメント

ありがとうございます。

2010/10/16 17:45
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A理容師で美容師です。
新生毛と矯正毛に同じ処理をした結果過膨潤してしまい、
ソレに対して高い(おそらく180どくらいの)アイロン温度で
熱変性処理した事が原因です。
●同じ処理方法だと全体に波及してくると思われます。
●蛋白変性を起こしてしまっています。
●それは美容師が考える事です。
●必ず伝えてください、ソレによって上記の対応方法を考えるでしょう。
縮毛矯正は非常に難しい技術です、一人のお客様には
一人の美容師が最初から最後まで対応していなければ無理ですよ。
例えば左右の毛の流れ方は違いますから、それを見極めた処理方法が必要です、
途中で技術者が変わったり左右で担当が替われば結果も変わってしまうんです。
2010/10/13 14:38
A1.たいがい襟足から薬剤を塗っていくので、塗布に時間がかかって、結果的に襟足だけ時間を置き過ぎてしまった。
2.襟足は髪がしっかりしているので、しっかり伸ばそうとアイロンを当て過ぎた。
・・・見てないので可能性ですが。他の部分よりも傷んでいるのは、間違いないでしょう。
次回は、今の現状を話し「こうならないようにかけてくれ」と言った方がいいです。言わなくても見ればわかるでしょうが、失敗を防ぐためには、はっきり報告した方がお互いのためです。
補足>縮毛矯正は半永久です。傷みが進行したのでは?
2010/10/12 22:29