Qブリーチは痛む後悔するよくない」と色々なところで謳われているのでブリーチしたくないと思っていたのですが、実際まぁいいかと思えるくらいの痛みですか?それとも流石にヤバイと後悔するくらいですか?人によっ
て感じ方は違うの思いますが、あなたの感想を教えてください!

解決済み4
2018/02/27 18:29

ベストアンサーに選ばれた回答

A髪質によりますね。

ブリーチをしても、それほど傷まない方もいるし死にかける方もいます。

いい美容師ほど、傷ませない工夫をしますので美容院選びは重要です。
基本的に美容師も傷ませたくないので、加減はするでしょう。

ブリーチをしてパーマをかける人もいるくらいです。
2018/02/28 12:19
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答3件
Aブリーチとは、髪の毛を脱色することです。

ヘアカラーを使用する前にブリーチをすることで、外国人のような発色の良い明るい色や、赤や緑などのハッキリした色に染めやすくなります。


≪デメリット≫


①ブリーチによって髪の毛は傷みやすくなると考えられています。

ブリーチは、髪の毛のタンパク質や髪の毛の栄養を保つためにフタの役割を果たすキューティクルを傷つけてしまうことがあるのです。

ブリーチを数回繰り返した髪の毛は、パサパサし、ひどくなるとゴムのように伸び縮みすることもあるとされています。

髪の毛の傷みが気になるようであれば、サロンでブリーチ後のトリートメントを頼んでみても良いでしょう。


②頭皮にダメージを与えてしまうことがある。


ブリーチは、髪の毛だけでなく頭皮にダメージを与えてしまうこともあるとされています。

サロンではブリーチを頭皮から少し離して塗布してくれますが、だからと言って根元だけ暗いままにはいかないため、頭皮に付いてしまうことも…。

ブリーチにも種類があるため、自分の肌に合うものを選んでもらえるように、頭皮や髪について気になることがあれば、美容師にその旨を伝えましょう。



③ヘアカラーが抜けるのが早い



ブリーチを繰り返し行うことによって、ヘアカラーが抜けやすくなってしまうことがあると言われています。

ブリーチは、髪の毛のメラニン色素を分解するため、髪の毛の内部がブリーチ後にスカスカの状態になるとされています。

そのため、ヘアカラー直後は思い通りの色に仕上がっていても、ヘアカラーが髪の毛に定着しにくい状態になることがあるそうです。

ヘアカラー後にはヘアカラー用シャンプーを使用するなど、少しでも長く色が残るように工夫してみましょう。



④パーマ・縮毛矯正がかかりにくい



ブリーチを繰り返し行うことで、パーマ・縮毛矯正がかかりにくくなってしまうこともあるとされています。

ブリーチによって[③ヘアカラーが抜けるのが早い]でお伝えしたように、髪の毛の内部がスカスカの状態になることがあると考えられています。

そのため、パーマや縮毛矯正もどうしても落ちやすくなってしまうようです。

また、無理してパーマや縮毛矯正を行ってしまうと、髪の毛がチリチリになったり、広がったりしてしまうこともあると言われています。



⑤コストがかかる



ブリーチは、ヘアカラーよりはコストがかかると言われています。

ブリーチの価格は、サロンや髪の毛の長さによっても異なるので、ブリーチをかけるかどうか検討している方は何店舗か価格をチェックしてみましょう。

1回のブリーチでも髪の毛は明るくなりますが、淡い色に仕上げたいときは1回、ハッキリした色味に仕上げたいときは2~3回ほど繰り返したほうがその後のヘアカラーが入りやすくなるとされているため、よりコストがかかってしまう場合もあるのです。



ブリーチとは、髪の毛にとって負担がかかりやすいものの、様々なヘアカラーの種類を楽しみやすくできることがお分かりいただけましたか?
2018/02/27 20:24
Aブリーチの意味や効果、するとしないの違い、位は知ってから行う。

ブリーチしてダブル・カラーにしたら、リタッチは自分で出来なくなる。サロンでしても費用が大変。
2018/02/27 18:41
Aその時はいいんですよ。
後悔なんだからその後なんです

ブリーチしたらパーマ出来ない。矯正はもちろん
傷みは日々進行
上から色入れてもガンガン抜ける
尚更傷むと悪循環
2018/02/27 18:33
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す