Qパーマについてです。
私の髪は細く柔らかくかなりパーマがかかりにくくて、いつもパーマは2回かけてやっとかかる感じです。先日初めて行った美容室でエアウェーブをかけてもらい、その際に今まで5回以上パーマをかけて1回でかかったことがないんですという話をしてかけてもらったのですが、1回ではかからず一昨日再度かけてもらいました。しかしお風呂に入ると結構くりんくりんしているのですが、乾かすと伸びてしまいヘアミルクやスタイリング剤をつけても思ったほどウェーブがでません。一生懸命ドライヤーのときも指に巻き付けたりくしゃっとしたりしているのですが、思い描いているパーマ感がでないのです。
そこで質問なのですが、濡れているときにくりんくりんしているのに乾かすと伸びるのは私のスタイリングが悪いのでしょうか?具体的にどのような点に注意したらウェーブがでますか?
美容師さんはもしかかってなかったら電話くださいと言ってくださったのですが、3回もかけたら髪の痛みが気になるし何より申し訳ない気持ちになってしまいます。
回答よろしくお願いします。

解決済み1
2017/03/09 02:00

ベストアンサーに選ばれた回答

A現役の美容師です。
一般的に細くて柔らかい髪の毛を軟毛(なんもう)と呼ぶんですが、私の経験でも本当にパーマがかかりづらいです。

濡れてるときにくりんくりんしていて、乾かすとのびてしまう原因はあなたのせいではないです!
髪の毛には内部的にいくつかの結合があります。
1、シスチン結合
2、水素結合
3、塩結合

1のシスチン結合はパーマをかけるために必要なケミカル的な結合になります。
アルカリ(パーマ液の①剤)によって切断し、酸化(パーマ液の②剤)によって再結合。

2の水素結合が濡れてるときに切断され、乾くと再結合するというものです。
濡れたまま寝ると朝、水素結合がそのまま再結合するためボサボサになる原理です。

3の塩結合はPH値(ペーパー)により、変動するものです。

説明が長くなりましたが、あなたのおっしゃる濡れてるときにくりんくりんしていて、乾くと伸びてしまうというのは、2の水素結合に大きな特徴があるからです!

基本的に軟毛は全ての結合が弱いです。

担当する美容師さんがこの辺の理論を理解しているかどうかがとても大事になります!

望みがあるとしたら「クリープパーマ」というのを探してみてはどうでしょう!
湿熱でかけるパーマです。

しっかりかからなければ手入れはやりやすくなりません!

それか濡れてるときにウェーブが、出ているなら「デュフューザー」で乾かすといいですよ!

「デュフューザー」で検索してみてください!
2017/03/12 23:23
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル