Q髪に関して。
先日テレビで髪の毛には、断面が円形のと楕円形の二種類があるということを聞きました。

忘れてしまったのですが、〇〇(なにかの成分?)が円形は均等に並んでいて、楕円形は偏っているのだとか…

それを観て思ったのですが、私の髪の毛は普通の部分は普通に円形だと思うのですが、頭のてっぺんの方であったり所々に自分でいうのも恥ずかしいのですが正直、陰毛の様なちりぢりの毛?があります。

これは最初に挙げた楕円形の髪の毛がねじれて?よじれて?のものなのでしょうか。

もしくは何かの病気に関連するもの、もしくは遺伝的なものなのでしょうか。

シャンプー、トリートメントストレートアイロン等々、そういった物で工夫によってなくすことが出来るものなのでしょうか。

真剣に悩んでいます。

よろしくお願いします。

解決済み1
2016/09/01 19:25

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは。
花王公式サポートのヘアケア担当です。
頭の所々にちりぢりの毛があるが、①断面が楕円形の髪の毛なのか、②病気や遺伝に関連するのか、③何か工夫によってなくすことができるか、というご質問ですね。

①ちりぢりの毛=細かなくせ毛が部分的に混ざったタイプの髪のようです。このちりぢりの毛は、まさに断面が楕円形の髪の毛です。
毛髪内部のコルテックス細胞(キューティクルの内側)には、少なくとも2つの種類があり、細胞内部の構造や組成が異なり、硬さも少し違うことが知られています。断面で見た場合に、直毛ではこの2つの細胞が細かくモザイク状に分布、または同心円状に分布して偏りがないのに対し、くせ毛ではこれらの細胞が偏って分布しており、その偏りが大きいほど、くせが強いことがわかってきました。このような内部構造の偏りによって、髪の形状が曲がったりねじれたりするのです。(下図参照)

②髪質は遺伝の要素が大きく、両親が直毛だと、その子どもはかなり高い確率で直毛になります。しかし、髪の形状は一生変わらないというわけではありません。ヘアダメージによって部分的に毛髪内部の成分が流出して構造が変化すると、くせが出ることがあります。また、年齢とともに不規則にうねった毛髪が多くなることもあります。

③くせ毛内部の構造の偏りは、毛根で髪がつくられるときからすでに生じています。また、直毛の毛根がまっすぐであるのに対し、くせ毛の毛根は曲がっていて、髪がつくられるときにすでに、ねじれたり、湾曲したりしているケースが確認されています。このようなことから、髪の形状は生えてから決まるのではなく、実は毛根ですでに決まっていると考えられています。
毛髪の構造を根本的に治すことは難しいですが、ストレートアイロンや縮毛矯正などは一時的に効果があるかと思います。また②でご紹介したように、ダメージによるくせを助長しないためにも、日頃のヘアケアに注意されるのは大切です。

長くなりましたが、ご参考になりましたら幸いです。
――――――――――
花王ヘアケアサイト/ 髪と地肌の構造となりたち
「髪の形状」より
質問回答画像
2016/09/02 14:17
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル