Q爪に負担が少ないネイルアートとは?
自爪アートとスカルプはどちらが爪に負担が少ないのでしょうか?
また、チップやジェルネイルなど、1番爪に負担が少ないネイルアートは何なのでしょうか?

解決済み1
2007/06/10 22:20

ベストアンサーに選ばれた回答

A爪に負担の少ないネイルアートとは、爪が痛みにくいネイルアート。

自爪とスカルプ(ジェルを含む)だと、自爪にアート(マニキュアのことですよね?)するほうが負担は少ないです。ただしベースコートはしっかりと塗らないと、爪が黄ばんだりしますし、頻繁に除光液を使っていると爪は乾燥してもろくなってしまいます。キューティクルオイルなどを使ってマッサージすると良いです。

チップとジェルネイルだと、使う素材によりますが、チップはシールでとめるのであれば、強度はありませんが、チップが一番爪に負担がありません。でも、ボンド(瞬間接着剤みたいなの)でつけると、剥がすときにちゃんとチップリムーバーを使わないと、爪の表面がボロボロになります。

ジェルネイルだと、ハードタイプではなくソフトジェル(バイオジェル、カルジェル)にすれば、持ちも良いし自爪をあまり傷めずにできます。完全に取り外すのも、マニュキュアみたいに、特殊なリムーバーで落ちるので、削る必要がありません。
ただし、ネイルサロンで月に1~2回お直し(伸びて来た爪部)が必要になります。これをおこたると、グリーンネイル(カビが生える)になってしまいます。


あと、ハードジェルとアクリリックスカルプチャーがありますが、これは痛みます。。。。
準備段階で、爪の表面に溝を作るために、表面をヤスリで削ります(表面が白っぽくなるまで)。これをしなければ、持ちが悪く、すぐ取れてしまいますし、ソフトジェル同様、お直しが2~4週間に1度必要になります。ソフトジェルと違い、特殊なリムーバーがないので、削って落とします。削る際失敗すると爪はさらに薄くなり、かなり痛んでしまいます。

私がお勧めするのは、自爪アートでできる範囲のアートであれば、自爪アートをお勧めします。負担は一番少ないです。

ただし、ひとつのアートを長く楽しみたいし、2日に1回はトップコートを塗るのは無理な方には、ソフトジェルをお勧めします。2週間~4週間はほったらかしでも綺麗なままですよ。
2007/06/11 00:44

質問した人からのコメント

ご丁寧な説明ありがとうございました。 参考になりました。

2007/06/17 17:42
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す