Q革のことで回答お願いします。
自分てまある程度は調べて、オイルドレザーが良いのかな?と迷ってるところです。
求めてるのは二つ折りで明るめの茶色、あまりツヤツヤしたのは嫌で、徐々に色
が変化していって味を楽しめる物を探してます。

上記のような場合、オイルドレザーが妥当ですか?

補足

別の話になりますが、皮にも様々な鞣し方法がありますが、例えば財布の場合は何が一般敵ですか?

財布はオイルドレザーが多い、だとか○○が多いとかあるんですか?

解決済み1
2012/08/16 20:56

ベストアンサーに選ばれた回答

Aリクエストありがとうございます。
しばらくファッションカテは遠ざかっていたので、まさか自分にリクエストが来るなんて想像もしませんでした。

で、ご質問の件ですが、お探しなのは「財布」ですか?
まぁ財布に限ってのことではないですが、まずは自分の中で「予算」をしっかり立ててください。
でないと「何でもアリ」になってしまうので。

純粋に「風合いを楽しみたい」ということなら、個人的な意見ですが究極は「サドルレザー」ですね。
ただ、これも正直ピンキリですから、ある程度長持ちして納得出来る物となれば最低ラインで4~5万クラスの物にはなります。
後、使い始めにオイルを入れるとか日焼けをさせるとか、アフターのメンテナンスも含め自分で面倒を見られるか?、というのもポイントにはなります。
日焼けしてキレイなアメ色になればバツグンに格好いいですが、使い込んでいくと手あかや汚れで最終的に革は真っ黒になってしまいます。
常にアメ色を維持させるのはほぼ不可能ですからその辺も踏まえて選んでください。

もう1つのオイルレザーですが、やはり「耐水性」という点では断トツですから、まぁ普通のレザーより長持ちするのは明らかではありますね。
オイルレザーも革質や厚みを含めやはりピンキリですから極端に安い物、また極端に厚みの薄い物はNGです。
財布として長く使う、また普段自分であまりマメに手入れが出来そうにないという場合にはオイルレザーの親戚である「ブライドルレザー」という選択肢もあります。
ちょっと前から「WHC(ホワイトハウスコックス)」で一躍有名になったレザーですが、通常のオイルレザーと特別違うところがあるわけではないし、使い込んでいけばそれなりに風合いも出ていい感じにはなりますよ。
WHCがもし予算的に手が出ないなら、同じ系列の廉価版ブランドで「セトラー」というのがあります。
値段的にはお手頃ですが、革質的には結構「お得感」があるように思います。


どちらのレザーにも言えますが、持った後に普段ちゃんとケアが出来るかどうか?、が大事です。
オイル類は「塗ればいい」わけではないので塗り過ぎにはご注意ください。

長く付き合う物ですから、じっくり選んでいただいて可能な限り「いい物」を購入してください。


※補足について

現在は、比率で言えば「クロムなめし」が多い感じがしますね。
適度に柔軟性があって耐水性などもそこそこ、という感じでしょうか。
もっと風合いを優先されるなら、やはり「タンニンなめし」の方をお勧めしたいところではありますが。
ただ、なめし自体に時間も掛かるし、クロムなめしに比べるとコスト的にも割高になりますから「いい物が欲しいけどなかなか・・・」というのが現実かもしれません。
最近は、この2つを合わせた「コンビなめし」という技術があるそうで、一般のクロムなめしの物で且つ風合いも楽しむとかいうことも出来るようですね。
まぁどれでも一長一短はありますから、専門店などで聞かれるともっと色々教えてくれるとは思います。
2012/08/17 14:19
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す