Q娘のオシャレのために、親が努力するのはおかしい?

昨日、女の子のオシャレを否定する店員と喧嘩になりました。
娘の髪の毛のプリンが気になり始めたので、一緒にヘアカラーを買いに行きました。
まだまだ子供ですから
娘のオシャレのために、親が努力するのはおかしい?

昨日、女の子のオシャレを否定する店員と喧嘩になりました。
娘の髪の毛のプリンが気になり始めたので、一緒にヘアカラーを買いに行きました。
まだまだ子供ですから、体にあまり害のないものを使ってあげたいと思い、店員に
「子供用の害のないヘアカラーはありますか?」と尋ねました。すると店員は、
「こんな小さい子にヘアカラー使うのは、止めたほうがいいんじゃない?うちはないよ」と言われたので、堪忍袋が切れました。
「女の子がオシャレをするために、お金を使うのは当たり前。人の子育てにイチイチ文句を言わないで欲しい」と。
怒りのあまり色々買うつもりだったカゴを、店内に置きっぱなしにして店を出ました。

女の子がオシャレをするために親が努力するのは当然です。勿論、常識的な茶色の髪ですよ。
金やピンクの色に染めるのは馬鹿だと思いますが、子供でも髪の毛を染めるくらいは普通だと思いませんか?
女の子ならば、幼稚園児でもオシャレをするのは当たり前です。そのオシャレのために親がお金出すのも当たり前です。
いつか私がお婆ちゃんになっても、一生オシャレをし続けることが、女性の権利であり義務だと思うんですよね。

私は小さい頃家が貧しくて、いいものを買ってもらえませんでした。
近所のリサイクルバザーで、母が安く買ってきた服を、嬉しそうに私に着せるのはとても嫌でした。
何で友達は新品のキャラクターついてる服なのに、私はお古なの?貧乏のせいなの?という感覚を幼い頃から感じました。
だから娘には、いいものを着させたい、いいものを食べさせたいと、せめてもの幸せを願っているだけです。

店員は何を考えているのか分からないです。
お店から給料を貰って働かせてもらっているのですから、お客様の言う事をハイハイ聞いていればそれで良かったものを。
本当に頭が良くないですね。二度とその店では買いません。店も頭の悪い店員を雇ったものです。

あと、まだまだドイツの友達の悪口を言う方がいますが、本当に止めてください。
友達は、日本が嫌になりミュンヘンに帰りましたが、私とは今もメールをやる仲です。ドイツは日本よりも遥かに多くのノーベル賞受賞者を輩出した素晴らしい国です。

補足
母が娘にオシャレを教える事も大事だと思います。オシャレを教えるのも「子育て」です。

髪が痛むのは知っています。だからこそ、少しでも害の少ないものを使わ

解決済み3
2010/01/03 14:41

ベストアンサーに選ばれた回答

A>私も染めています。
お前は白髪染めだろ?
2010/01/03 15:44
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A店員さんは文句を言ったわけではないと思います。それにないって言ってるんだから仕方ない。子供のヘアカラーには反対ではありません。ただし子供自信が嫌がらないなら。
店員さんは子供に気を遣ってくれただけですよ。人の善意をあなたの主観でけなすのはよくないです。害が少なくてもあくまであるわけです。
そもそもおしゃれより大切なこともあるのでは?少なくとも堪忍袋の切れやすい人間にはなってほしくないですね。
2010/01/03 15:50
Aドイツの友達の意味がまったくわかりませんが、別にいいんじゃないですか?あなたのお子さんの頭皮がどうなろうと私には関係ないですし。
オシャレは自分で覚えていくもので今教えなくてはいけない事は他に沢山あると思いますよ。
容姿だけ良くて中身がない大人にならないように気をつけてくださいね。
2010/01/03 14:46
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す