Qヘアアイロンで痛んだ髪をケアする方法を教えてください。

解決済み1
2018/07/16 05:00

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは。
花王公式サポートのヘアケア担当です。
ヘアアイロンで傷んだ髪をケアする方法についてのご質問ですね。

ヘアアイロンで高温に加温され、柔らかくなったキューティクルがこすれることによって、脱落すると、徐々にヘアスタイルが決まりにくくなり、髪の感触が劣化して枝毛ができやすくなります。

まずはシャンプーの度に毎回トリートメントやヘアパックをして、髪の傷みを補修し健康な状態に近づけます。傷みのひどい部分(毛先など)にはトリートメントを多めにつけ、蒸しタオルで包み、時間も表示時間より5分程度長くなじませるとさらに効果的です。傷みがおさまった場合も、3回に1度くらいの割合でケアしてください。また、タオルドライの後に、洗い流さないタイプのトリートメントをつけるとよりいいと思います。
合わせて日頃のケアにも気を配りましょう。髪に負担がかからないように、シャンプーから髪を乾かすところまで丁寧にケアしてください。

以下、ご参考までに、ヘアアイロンを使う際のポイントをご紹介します。
・ヘアアイロンを使う前に、髪の面をそろえましょう。スムーズにすべらせることで、引っかかって傷むことを防げます。
・1回に取るひと束の量は多くしないように。熱が伝わらないとクセがつきにくく、何度も、しかも長く熱をあてることになります。ヘアアイロンの直径を目安にしてください。(直径32㎜なら3㎝幅程度の毛束を)
・濡れたままヘアアイロンをあてても、乾くまでに時間がかかって、なかなか形づけできません。長時間、高温をあてることになり、傷みの原因になります。乾いた髪に使いましょう。洗い流さないトリートメントやスタイリング剤を使う場合は、塗付して湿らせたら、少し時間をおいてなじませてからヘアアイロンをあてるといいです。
・ヘアアイロンは、髪全体を乾かした後、スタイリングの仕上げとしてストレートカールをしっかり決めるため、160℃以下に設定の上、短時間で上手に使ってください。

長くなりましたが、お役にたてましたら幸いです。
2018/07/17 17:36
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル