Q洗髪するのに
リンスインシャンプーと
シャンプーしてからリンスするのとでは
髪の仕上がりに違いが有りますか?

シャンプーして流さずにリンスするのは
どうですか?

最初からシャンプーとリンスを混ぜてボトルの中に入れるのはダメですか?

解決済み1
2017/06/27 21:04

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは。
花王公式サポートのヘアケア担当です。

①リンスインシャンプーとシャンプー後リンスするのとでは仕上がりに違いがあるか、②シャンプー後、流さずにリンスするのはどうか、③シャンプーとリンスを混ぜるのはダメか、とのご質問ですね。

①一般的にリンスの効果をより強く出せるのはシャンプー、リンス単品での使用です。リンスインシャンプーにリンス効果はありますが、あくまでシャンプーですので、リンスを単品で使用するのと比べてリンス効果は少ないです。しかし、リンスインシャンプーのリンス効果で充分にご満足いただけるなら、別途リンスを使う必要はありません。リンスをするのが面倒だけどシャンプーだけではちょっと髪がごわついて感じる、という方に向いていると思います。

②リンスの効果が弱ってしまいます。
シャンプーは一般的に汚れを落とす界面活性剤をベースに作られています。その界面活性剤は洗浄力がよく、泡立ちがいい高級アルコール系の陰イオン界面活性剤が主に使われています。この陰イオン界面活性剤は水に溶けるとマイナスイオンを帯びます。
一方、リンスは主に陽イオン界面活性剤が使われており、この陽イオン界面活性剤は水の中ではプラスイオンを帯びます。毛髪の表面はマイナスの電気を帯びていますので、リンスは電気的に髪の毛表面に均一に吸着してすべりをよくしたり、静電気を逃したりする働きをしています。
ですから、シャンプーが残っている髪にリンスをつけると、シャンプーのマイナスイオンとリンスのプラスイオンが結びついてしまい、リンスの働きが弱くなってしまいます。

③②と同じ原理でダメです。
シャンプーとリンスを単純に混ぜただけでは、マイナスイオンとプラスイオンが結びついてしまい、シャンプーの働きもリンスの働きも弱くなってしまうのです。

リンスインシャンプーはシャンプーとリンスを混ぜたものではありません。
リンスインシャンプーはわかりやすく言うと、シャンプーにプラスイオンを帯びない毛髪保護成分を配合して、リンスのような効果を加えたものと言えます。すすぎ時には髪の感触向上と仕上がり感のコントロールをし、濡れているときは髪の表面にとどまって摩擦抵抗を下げ、乾いた後は、髪の表面をなめらかにすることで、ブラシや髪同士の摩擦を抑えたり、髪の流れを揃えやすくしたりしてまとまりの良い仕上がりにします。

ご参考になりましたら幸いです。
2017/06/28 11:13

質問した人からのコメント

詳しい説明 ありがとうございました

2017/07/04 16:29
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す