Qヘアアイロンの熱で火事になることはありますか?使用後に電源を切った後、まだ余熱が残っている状態でカーテンのそばなどに置くことがあります。そういう時火事の心配などはあるのでしょうか?

解決済み1
2017/04/10 21:38

ベストアンサーに選ばれた回答

A当然あります!

カ-テンなどの化学繊維の場合、発火点が100℃付近の素材もありますので、最低限度、体温以下まで下げておくべきではないでしょうか。

私は模型工作の分野で、ハンダゴテを使いますが(=低音ハンダの場合でも190℃くらいになる)、ハンダゴテもヘアアイロンも原理はまったく同じです。

ハンダゴテの場合、余熱がなくなるまで、カナヅチのような「大きめの金属体」にコテ先を乗せておき、付近には紙類などの燃えやすいものは離し、30分くらいそのままにして、放熱させています。

どうしても、急ぐ場合には、コテを水道水にさらして「強制的に放熱」させますけど、ヘアアイロンの場合、それをやったら、ボディ-プラスティクが破壊されてしまうでしょう。そのあたりは、アイロンのトリセツに書いてあるはずです。
2017/04/11 20:18
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル