Qどうして髪は傷むのですか?

解決済み1
2015/08/02 14:01

ベストアンサーに選ばれた回答

Aどうして髪は傷むのですか??

■紫外線によるダメージ

髪も肌と同様に日焼けします。欧米人のブラウンや褐色の髪と違い、日本人は黒髪で、紫外線を吸収するメラニン色素が多く、 防御力が高いと言われていました。
しかし、髪は肌と違って再生しないため、ダメージが蓄積されます。 また、ヘアカラーの普及などで毛髪のメラニン色素は近年減少傾向にあり、キューティクルがはがれやすく、 紫外線の影響を受けやすくなっています。大量の紫外線は、キューティクルに穴(キューティクルホール)を開けるので、 そこからダメージが進行していくのです。

■パーマやカラーによるダメージ

パーマやカラーは髪の内部のタンパク質に薬液を働かせます。そのために、必ずといっていいほど、 「アルカリ剤」というものが入っています。
このアルカリ剤には、表面のキューティクルなどのタンパク質を膨張させる効果があります。 キューティクルを開かせて、中に薬液を送り込むのです。しかし、アフターケアをしっかり行わないと、 キューティクルが開いたままになり、そこから内部のタンパク質が流出してしまいます。

■ブラッシングなどの摩擦によるダメージ

乾燥している髪は特に表面の脂分が少なく、キューティクルもケバだっているので、外部からの刺激にも敏感になっています。
強い力でブラッシングをするとキューティクルがはがれて、ダメージの原因になります。

■熱によるダメージ

ヘアアイロンやドライヤーによる熱のあてすぎでも、髪はダメージを受けます。熱をあてすぎると、 髪は「タンパク変性」を起こしてしまうことがあります。
タンパク変性とは…髪が熱や薬品などにより、内部で変化を起こしてしまうこと。 変性により、パーマがかかりにくくなり、カラーも染まりにくくなってしまいます。
よくタンパク変性の話をするとき、ゆで卵の例がでてきます。ゆで卵は、一度熱を通して白く固まってしまうと、 元の生卵の状態に戻すことは不可能です。髪も卵と同じで、一度熱によって内部が変化してしまうと、元の状態に戻すのは不可能です。

■シャンプー剤によるダメージ

洗浄力の高いシャンプー剤を使うと、髪に必要な成分まで抜けてしまう恐れがあります。
また、化学合成されたシャンプーはタンパク変性を起こします。
2015/08/03 05:46

質問した人からのコメント

回答ありがとうございます! 詳しく書いてもらって良かったですね。

2015/08/03 22:19
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードから探す