Q美容師の方々
私は小さい頃から美容師になるのが夢でした。美容科がある高校に行き免許も無事とれて去年の4月に美容室に就職しましたが、半年で退職しました。理由は老舗のサロンで昔ながらの考え方を受け入れられなかったこと、同期や先輩とうまくいかなかったことなどです。辞めてから沢山いろんなとこにサロン見学に行き、今でも探していますがここで絶対働きたい!と思えるサロンが見つかりません。
それと私は、はっきり言うと自分にはコミュニケーション力がないと思います。それがあって、自信がなくなってきました。でも美容師にはずっとなりたかったし、自分の性格も変えたいので美容師になって克服したいと思ってましたが、人と接する力がないと美容師にはなれないんじゃないかと思ってきました。実際面接にも落ちて、美容師の方、高校の先生に厳しいことを言われました。でもやっぱり美容の仕事が好きで諦めたくありません。私はどうすればいいんでしょうか。とても悩んでいます。自分の性格のことを考えると涙が出るほど自分に自信がありません。将来が不安で仕方ないです。

解決済み4
2015/02/10 18:12

ベストアンサーに選ばれた回答

Aうまくいかない、と思うことの中に、じつはどれほど学べることがあるか。。ということなんですよ。
あなたの今の考えのままじゃ、仮にあなたにとって良いと思われる場所に就職できたとしても、またうまくいかないっていう方にかっちゃうかもしれない。
自分でいろいろ思うよりも、何でもぶつかっていって、経験積んで、何でも相談できる先輩や仲間を作って、明るく明るく^0^笑顔がなければ何も始まらない。

それと、仮に話がヘタだからといってそういう美容師さんはごまんといるし、こちら(客)が話さなければ何も言ってこない美容師もすごく多いよ!!
でも、そういう人は空気それなりに読んでるみたいだし、あなたも場数を踏んで空気読めるようになって(終わり、というものはないと思います。一人ひとりお客様は違うので)、自分が自分で納得のできるお仕事というのを出来るようになっていって下さい。
若いうちはなんでも経験ですよ♪
それがあるから、克服する価値があり、それがあなたのお仕事です。
自信がない人の方が、やさしいし、またあなたが年数を踏めばきっと「ああいう時もあったな。」と笑って振り返る日が来ると思います。その時に、逆に若い人たちに何と言ってあげられるか。^^

私は美容師さんの人を尊敬してます。
2015/02/10 18:24
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答3件
A美容室は今、人手不足・求人不足です。様は、よほど酷い人でなければ採用しますが・・・あなたの事は詳しくは分かりませんが、まず、涙が出るほど自分に自身がないといっている様な人材は、美容師なんて無理です!
給料は安いし、休みも少ない、厳しい世界です。
辞める人が多い事からも分かる様に、コミニが取れる程度でも、続きません。

【どんな事が合っても、絶対に美容師になって!夢を叶える!】

ぐらいの強い意志がないとあなたの様に店やスタッフを言い訳にして、
また、すぐにやめちゃいますよ!

絶対に働きたいお店が見つからない!って、お前何様よ!って感じです。
最初の店を半年で辞めてる地点で、まず、美容師は無理だと思います。

何百人も美容師を辞めていった奴と続けた奴を見てきたので大体は分かります。
どんな店でも、入ったら思ってたのと違うと思うのは当たり前。
それは、他の職種でも同じです。
逆にあなたが求めている思っていた通りのお店があなたを求めると思っているの?
2015/02/12 16:31
Aあなたの理想とするサロンは、貴方の中にあります。

それを表現するためには、そのほかのすべての方法や人の考えを学ぶ必要があります。

それを受け入れられないのなら、貴方が作ればよいという事です。

見学に行ったサロンは、誰かの理想でそこにあります。
あなたの為にあるわけではありません。

そこであなたは、学ばせていただく”ということです。

コミニュケーションや技術力もお店や人間性や人との接し方や・・・
外側にダメだしする前に、貴方が受け入れ学ぶこと・理解することで皆があなたの事を考えて下さるようになります。
2015/02/12 12:26
A美容室経営者です。

お客様とあなたも出会いです。そして美容室とあなたも出会いです。

どこへ行っても、どんな場所でもうまくいく人なんていません。

苦労して、良い環境にめぐり合える人もいれば、運よく直ぐに良い環境にめぐり合える人もいます。

サロンとあなたの相性の問題もあると思いますよ。


経営者によって見るところが違うんです。

たとえば、僕は、入社試験のときに、「上手に話せるかどうか」なんてあまり参考にはしませんが、美容学校の成績や出席日数はかなり重視します。

結果、話べたでも、練習熱心でまじめな人が集まりました。
そしてそれがウチのサロンの社風になっています。


コミュニケーション力は、リラックスして働ける環境と、自分の自信(接客の自信じゃなくても技術の自信で良いのです)とがあれば、進化していくものです。


この際、もう慌てないで、じっくりと見学を続ければよいと思います。

そのうち、出会いがあります。ただ、それがもうすぐなのか、まだまだなのか、それは誰にもわかりませんけどね。
2015/02/10 19:40
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す