Q整髪料でワックス、ムース、ジェルの違いはなんですか?

解決済み1
2007/10/13 18:20

ベストアンサーに選ばれた回答

A【ワックス】
繊維や油分の粘性でヘアスタイルを造ります。
カチカチに固まらないので、造り直しが可能で、固めずに動きを造りたい時に使えます。
濡れた感じも出せます。
使い方は、ほとんど乾かすか乾ききってから手で頭髪に塗り、手櫛かコームでそのスタイルを造ります。
指先で毛の束を造ると良いでしょう。
細くてハリのない(柔らかい)髪には向いていませんが、毛先にだけ付けて、束の様な仕上がりにすることは可能です。

【ムース】
泡状で、乾くと固まります。
ほとんどの髪に合うオールラウンドタイプで、ハード・ソフト・ウエット・固まらないなどの種類があります。
セット力はメーカーによって違いますが、ハード以上のものは立ち上げをつけたり、ガッチリ固めるのに使います。
ソフト以下のムースはボブ以長のスタイルの、ふわっとした感じや流れを作るのに使われます。
ウエットタイプのムースは固めながら、仕上がりに濡れた感じを出します。
まるで固まらず艶を出したり、かるく色をつけるのもあります。(ヘアクリームムースなど)

【ジェル】
ガチガチに固めるタイプの整髪料です。
ハード・ソフト・ウエット・ウオータージェルがあります。
ショートスタイルで重みのあるヘアスタイルに向いています。
ハード・ソフトタイプのジェルは、それ自体が重いし粘着力があるので、
頭髪に付けてからスケルトンブラシなどの細かいブラシを使うと、せっかくセットしたスタイルが崩れてしまいます。
もちろん、ロングスタイルには向いていません。
しかし逆にリーゼントや横をねかしたり、前髪の立ち上げなどのセットには向いています。
ウエットタイプのジェルは、固まりますが乾いても湿った感じが残るので、濡れた感じのスタイルを作りたい時に使えます。
ウォータージェルはハード・ソフトにくらべそれ自体やわらかくしっとりした感じが残ります。
乾燥時間も少し長めですので、あわてずにセットできます。
使い方は手ではなく指に付けてそれを固めたい部分に付けます。
前髪の立ち上げや横をねかす時は細かいコームを使い、浮かした所や流れを作る場合は粗いコームを使って下さい。
短髪でツンツン立てたいスタイル、毛が硬い方に向いてます。
2007/10/14 13:48

質問した人からのコメント

よくわかりました。 回答ありがとうございました。

2007/10/14 18:04
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル