Qぼくは高校3年生です
理容や美容の専門学校へ行こうと思うのですが、それになることが出来たとして経済的にどうなのか心配です。給料について、あと1日の流れなどにもついて教えてください。
回答よろしくお願いします!

解決済み3
2014/06/12 23:00

ベストアンサーに選ばれた回答

Aまず仕事として美容師を選んだのであれば少しは自分で調べるという事を覚えたほうが良いです
この手の質問は質問者様にしてみたら初めての事かもしれないけれど、回答者をやっている美容師からすると散々既出です
何でもそうやって安易に質問をするのは良い美容師にはなれません
この知恵袋にも検索フォームはついてます
検索ワード2~3個で簡単に出てきます

少しは自分で調べた上でわからない事があれば質問すると良いでしょう
「○○について調べて△△が理解できませんでしたので教えてください」と少しずつ具体的にしていくことで質問の質が上がってきます

経済的な事が気になるのはわかりますが、美容師は30歳半ば過ぎるまでは正直言って小僧です
それまでは全て先行投資です
遊ぶ金と時間が欲しいなら今のうちに諦めて下さい
世の中で言われているブラック企業がホワイトに見えるくらいの超ブラック体質ですので
2014/06/12 23:18
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
Aこんにちは!一概には言えませんが、ほんの1%の美容師さん以外は、収入面に関しては 同年代のサラリーマンの年収のマイナス100万位と考えて良いと思います、休日は三分の一。
一日の流れは個々のお店で大きく異なるので回答しにくいですが、拘束時間?は自分のレッスンも含めて長いです。
どうしても、美容師、理容師としての仕事をしたいという事なら頑張ればそれなりに道は開けると思いますが、なんとなくなのでしたら、絶対に辞めておく方が貴方の為です。美容学校に通う2年間ですら100%無駄に終わりますから・・・
2014/06/13 08:44
A美容室で働いていました。

一言で言うと、幹部以外は安月給。と言ったところでしょうか。
もちろん、お店によるので私が勤めていたお店の話をします。
まず、初任給は大体11~13万くらいでした。
火曜定休のお店で他に休みは月3~4日。大体週休2日でした。
アシスタントとスタイリストでも給料は違いますし、技術手当と歩合手当と言うものがありました。
まず、技術手当についてですが、大雑把に言うと、シャンプー・2シャンプー・プレス・カラー塗布・ワインディング・セット・カット(カットと言っても1つではありません)など色々項目があるのですが入客出来るようになって1つ月1000円の手当が支払われます。
歩合手当は、月の個人売り上げから5%が還元されるのと店販(商品)売上の上位5名が10%還元されていました。これに+基本給で、アシスタントが13~16万位でした。
スタイリストではディレクターや幹部を除くと16~23万位でした。
スタイリストになるには早くても2~3年掛かります。
そして、ディレクターは4名居ましたが、30~50万位でした。
アシスタント時代に自立して一人暮らしをしているスタッフも居ましたが、カツカツで大変そうでした。

1日の流れについても私が勤めていたお店の話をします。激混店と、激暇店両方経験したのでまずは激店の話から。
9時オープンで、日曜祝祭日は8時半オープンでした。
週一で朝練があり、7時半出勤日がありました。
他の日はアシスタントは早めに来て、まず掃除から始まります。その後朝礼をし、朝一の予約の準備をして、後はオープンまで自分の髪をセットしたり自由に待ちます。
そして、オープンすると同時に予約&飛び込みのお客様が入ってきます。なるべく待たせないように、指名が被らないようにお店を回してスタイリストがスムーズに仕事が出来るようにするのもアシスタントの仕事です。最初の頃はシャンプー台につきっぱなしです。後は基本的に電話はアシスタントが出ます。(レセプションがいる店は除く)
段々仕事を覚えてくるとカラー塗布を任されたりドライヤーで乾かしたり、それ+シャンプー&電話番です。そしてその間にドリンクの提供や洗い物、タオルの洗濯などをします。そうこうしてるうちにお昼の時間になりますが、お客様が少なければ順番に入ります。混んでる場合は食べられません。このお店に居たときは平均夜の7時くらいにお昼ご飯を食べていました。
そんな感じでも時間は過ぎていき、閉店です。
その後は、溜まった洗い物&洗濯物&掃除&カルテの整理&広告の手書きメッセージ&ブログを書いて終礼をして業務終了です。
もちろん、お店が空いていて時間があれば合間にしてしまいます。
その後は一休みして、練習の時間です。
シャンプー1つにしてもテストがあり、合格しないと入客出来ません。
テストに向けてほとんど毎日練習があります。
大体帰宅時間は22~24時でした。
そして、うちの会社では週2日くらい、合同練習と会議があり全店舗が1つのお店に集まったりしていました。

次に激暇店の話ですが、同じ会社です。
朝礼までは同じで後はただひたすらお客様が来るのを待っていました。
1日0~4人程度しか来なくて暇で暇で眠かったです(笑)
普通の店だと空き時間は練習したりしますが、この激暇店では、パートさんと私の2人だったのでお喋りしたり、タバコ吸ったり、お菓子食べたり自由気ままでした(笑)
あとは、ポスティングやハンティング(チラシ配り)をしていました。
お昼も12時に食べられましたし、帰りも練習をサボったりする日は19時には帰宅していました。

美容師と言う仕事は本当に辛いです。
拘束時間は労働基準法大丈夫なの?って位長いし、初めは何していいかわからないし。
だけど、お客様のありがとうは本当に嬉しいです。綺麗事ではなくて、本当に。
差し入れしてくれるお客様も居ますし、お客様との会話も楽しい。辛い事ばかりではありません。
自分の手で綺麗になって喜んでくれる、誰にでもできる仕事ではありません。
挫折する人も離職率も高い仕事ではあります、生半可な気持ちでは続けられません。
でも、本当に本当に喜びの大きい仕事です。

長文なりましたが、安月給でも好きなら頑張れ!!
ということでしょうか。
他のお店とも違う部分はあるので、参考までに聞いてくれたら幸いです。
未来の美容師さん、頑張ってください。
2014/06/13 00:03
おすすめキーワードから探す