Q白髪を染める場合、頭皮への刺激が少なく、長く色落ちしないのはどんな方法がありますか?(一般的には白髪染めヘアカラー、マニュキア等聞きますが・・・
他に適当な方法や商品があれば紹介してください。
私は、ある理容室で毎月カット+ヘアマニュキアで5000円支払いしますが、価格的には相場なのでしょうか?

白髪が生え際にはある程度あるし、頭髪全体で見てまだまばらですが、気になるので染めたりしているのですが、肌が弱く心配なので(今まで頭皮に影響はなかったのですが)染める方法としては、マニュキアが一番無難なのは判りますが、色落ちする期限が早いので、可能であれば色落ちする時間が長く、頭皮への影響も心配ないものがないものかと質問させて頂きます。

補足

私が行きつけの理容店では、当店のマニュキアの染料は非常にやさしい成分の商品であり・・と宣伝しているようですが、やはりマニュキアでも毎月1回必ずカットして染めるのですが、頭皮への影響はあるのでしょうか?
安全性を最優先したいのですが、適正なアドバイスをください。

解決済み3
2007/06/17 14:57

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこれは私の場合ですが、パオンやビゲンの粉末染毛剤を使ってます。
この染毛剤は、脱色剤は入っていません。色落ちしにくいので普通の長さなら一回全体を染めれば生え際だけ染め直せば良いでしょう。

染めた髪がだんだん明るくなるのは、脱色剤も入っている染毛剤をつかっているから。
薬屋で一番沢山売られている染毛剤は脱色剤入りのものです。(だから黒髪も茶色にできるのです)店員さんも知らない方が多いのですが…。

使い方は粉末を使う分だけ水で溶いて髪に着け、あとは洗髪します。
地肌に付くと少しオレンジ色っぽくなりますが何回か洗髪するうち取れます。

安価であまり時間もかかりません。
難点は色の種類が少ない事。(3種類くらい)化学物質である事。

ヘナも長持ちします。ただし染めるのに時間がものすごくかかります。(髪に塗って6~8時間はおいときます)
放置時間が短くても良いと言うものは何か添加物があると思われます。
ヘナ100%は抹茶のような青畳のような良い香りがします。髪にも良くトリートメントにもなります。
難点は白髪があまり真っ黒にはならなくてオレンジ色っぽくなることです。(私の場合)
藍など他の天然の染料の混ぜてあるものもありますが、使った事はありません。
ヘナもパッチテストをしてください。

ご質問のヘアマニキュアですが、やさしいとか安全とかナチュラルと言った言葉をアテにしてはいけません。○○に比べてやさしい、または安全、髪に良い(らしい)○○がほんの少し入っている…といった程度だと思います。そう言ったからといって罰せられるわけではないから。
きちんとした美容師さんなら客の不安に応え、中身を教えてくれるでしょう。ごまかしたりするようなら、その店はやめた方が良いでしょう。

蛇足ですが
私は髪は無添加の石鹸で洗い、薄めたクエン酸をリンスにしてます。これも試行錯誤の末、辿り着いたやりかたです。最初は石鹸分が髪に残り、べたべたします。月日がたち、髪が全部石鹸でしか洗った事の無い髪のなると、とても手触りが良くなります。
石鹸は無添加ならなんでも良いです。贅沢するならオリーブ油石鹸とかいろいろあります。

ご参考までに…。
2007/06/23 01:17

質問した人からのコメント

適正で詳細なご回答参考にさせていただきます

2007/06/23 12:18
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A安全でしかも長持ちするという白髪染めはないと思います。「安全」か「長持ち」かどちらかしかないのでは。。
どちらを選ぶかによって使う物が変わってきます。
・「安全」をとるなら100%純粋なヘナです。持ちは悪いので良く染まる方法を工夫する必要があります。染まりを良くする化学成分を混ぜて「天然・自然派」と謳っている物には注意が必要。
・「長持ち」をとるなら美容院や市販のヘアカラーなど。

ただし、後者のヘアカラーの毒性・副作用などの危険性は知っておいたほうが良いです。化粧品成分や食品などについて研究されているアイシスさんによると、「定期的にカラーリングしている人ほど髪の毛は細く、弱く、薄くなりダメージに悩まされているようです。一般のヘアダイやカラーリング剤にはアミノフェノール・パラフェニレンジアミン・レゾルシンといった非常に危険性の高い成分が含まれています。頭皮は体の中でもデリケートな部分です。これらは皮膚を激しく刺激するだけでなく悪性の貧血を引起し、遺伝子を傷つけ、発ガン性の疑いも出ています。アメリカの国立ガン研究所では、髪を染める女性はガンにかかる確率が5割高くなるとの報告をしています。カラーリング剤にはそれ以外にも合成界面活性剤や防腐剤・タール系色素も含まれています。合成界面活性剤によってダメージを受けた頭皮からは美しく健康な髪は生まれません。頭皮から様々な有害成分が体内に入り込み健康までもおびやかします」とあります。

そういえばつい先日、合成成分の入ったヘナで皮膚障害が出たというニュースがありました。少しの化学成分でも怖いということだと思います。(100%ヘナにはそのような心配はありません。逆に頭皮の痒みが治まり、髪も丈夫になります)

http://www.isis-gaia.net/ 

補足の回答→勇気がいるかもしれませんが、本当に自分が知りたいと思う事であれば率直に「全成分を知りたいのですが」と聞いてみてはいかがでしょうか。もし一目見て判断できないのであれば、いらないパッケージをもらうなりして、化粧品の選び方について書かれた本(市町村によりますが図書館にもあります)や化粧品成分辞典(大手書店に売っています)で調べてみて、自分の目で判断するのが一番納得できると思います。また、判断できる厳しい目を養うことも大切だと思います。美容師さんがいくらプロで熟知していたとしても、経営上「安全・安心です」と言うものだと思います。その言葉や説明だけを信じるのか、自分の目で調べて判断するかは自分次第ということではないでしょうか。
最初は面倒ですが調べていくうちに、次第に大体ひとめでどういう製品か分かってくるようになると思います。そうすると、いかに私達が商売に利用され巧みに騙されているか、そして見極める目がなかったかに気付きます。

100%ヘナを美容院でしてくれる所もわずかですがあります。そのかわり通常の毛染めよりやや時間はかかりますが。家でもできますが忙しい人には良いと思います。くれぐれも100%純粋なもので・・・
2007/06/17 18:52
Aお店で5000円は相場だと思います。 一番良いのはヘナじゃないかしら。
2007/06/17 16:10
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す