Qヘアドライヤーの温度が店頭と自宅とでは変わる?
検討したのはTESCOM社の「TID910-P」と「TD234-P」と、KOIZUMI社の「KHD-555」ですが、
最初、TID910-P(展示品)を量販店店頭で温風を、DRY(強風)とSETの両方のモードで出してみて、
温風温度もSETモードで首や手に当ててみて試しました。で、良さそうだったので、購入。
がしかし、
なぜか、自宅で初めて使った(当然新品)時に、温風温度が「ん?ぬるい…」と思ったんです。
どうしても気に入らなかったので、製品仕様だけ確認して温風温度までは確かめず、
同TESCOMの「TD234-P」に交換してもらいました。
DRYモードでの温度がTURBO無効状態で「TID910-P」よりは10℃高い仕様だと確かめたのですが、
それでもやはり、ぬるいと感ずる。

結局、KOIZUMI社の「KHD-555」を、店頭で「TID910-P」とSETモードでの温風温度を比較して、
温度はどっちもどっち、SETモード時の風力は若干KHD-555の方がピンポイントではなく柔らかいのを確かめて、
温度的には良かったのでKHD-555にしたのですが、しかしやはりで、
自宅で風呂上がりに乾かしてると、なぜか、店頭で試した時より明らかにぬるく感じる。
使用する空間とエアコンの効き方で、ヘアドライヤーの温度って、体感が変わるのでしょうか?それが普通?

こんなコアな疑問趣旨に精通している方なんて、居られますか?

解決済み1
2014/01/05 00:00

ベストアンサーに選ばれた回答

A風呂上りでは体温が違いますからね~
体感温度も結構変わってくるのではないでしょうか。

不確実なことなんで決定付けるものは何もないですが、
やはり、体感なのではないでしょうか?
コンセントがおかしいとも思えませんし。
2014/01/05 00:11

質問した人からのコメント

まだ解決に至ってはいないのですが、とあるドライヤーメーカーのQ&Aページによると、1200Wの大風量型ではSETモード時には温度が低く感ずる設計であるのがおよそ必然らしきものだと書いてありました。外気温が低くても温風温度が低く感ずるはず、らしきですが。

2014/01/11 13:07
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す