Q最近は、シャンプー台が完全に寝るわけではなく首だけを曲げて
簡単にシャンプーできるようなものが増えて
最近は、シャンプー台が完全に寝るわけではなく首だけを曲げて
簡単にシャンプーできるようなものが増えてきました。
私としては昔からあるタイプの方がすきなんですけど、
なぜ変わったんでしょうか?

解決済み3
2006/09/06 22:13

ベストアンサーに選ばれた回答

A美容師です。

従来の寝るシャンプー台をサイドシャンプー、
質問者様の仰るバックシャンプーがあります。

美容師の立ち位置で名前が違うんですね。

さて、増えてきた理由ですがサイドシャンプーに比べ腰をひねらないため
美容師への負担が少ない事が一つ。
あとは、なんか新しい物があったほうがおしゃれっぽいという理由で
バックシャンプーを取り入れる美容院もあります。

個人的にはイマイチ洗いづらいのでサイドシャンプーのほうが好きなんですけどね
2006/09/06 23:35

質問した人からのコメント

バックシャンプーと言うんですね。フェイスカバーはして欲しいですね。

2006/09/07 18:23
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
A理容師で美容師です。
いわゆるバックシャンプーですね。
今までは美容師が横に立ち身体をひねって
お客様にかぶさるような形でシャンプーを
しました、そのためお客様にはフェイスガーゼなどを
掛け視線や息が合わないように配慮しました。
バックシャンプーですと、そういう余計なわずらわしさが
省かれ、お客様も視線を妨げられることなく
息も気にすることがありません、また美容師も
身体をひねることなくシャンプーが出来るので
身体への負担が軽減されます。
お客様も真横に寝かされるようなシャンプースタイルに
比べ安心感が増します、欧米ではバックシャンプーが
以前から主流でした、最近やっと日本にも定着してきました。
お客様も横にされるより体の楽さと安心感が増したといわれます。
デメリットはありません、今後はバックシャンプーが
当たり前になってきますので慣れてください(笑)。
2006/09/06 23:38
A横からではなく、後ろから美容師(アシスタント)さんが髪を洗えるので腰への負担がまるで違うそうです。 なのでお客さんの立場というよりも、美容師の立場にたったものですね。 寝るタイプのもののほうがわたしも好きです。
2006/09/06 22:44
おすすめキーワードから探す