Q
美容室でカラーパーマは同時にできますか?


(トリートメントが必要であればやります)


色は佐々木希さんのような色にしたく、今は黒髪です


これはブリーチ必要ですかね?


それとデジタルパーマとはなんですか?


髪にハイライトなども入れたいと思っていますが(同時ではない)

ハイライトは必要だと思いますか?


痛んでいるように見えたくないです



質問ばかりスミマセン

解決済み1
2012/01/15 14:33

ベストアンサーに選ばれた回答

Aヘアカラーパーマ。時間差でできないことはないですが、

同じ日にするのはやめたほうがイイです。

とてつもなく髪にダメージを与えてしまいます。

行きつけの美容室があるのであれば、予約の上、相談してみましょう。

ヘアカラー後、パーマをするのは、大体2週間はあけたほうがイイです。

http://www.permastyle-rev.com/tishiki-deg/

↑↑↑より、 以下文、抜粋

デジタルパーマとは、
(形状記憶パーマ)

技法としては、熱を出すロッドを巻き込んでパーマ液をかけるという熱+薬液の併用パターンです。熱を併用すると、髪の毛が乾いたときに元の形に戻ろうとする力が強まるのですね。ですから形状記憶パーマと呼ばれるわけです。「それとホットパーマとどう違うの?」と思いませんでしたか? 鋭い。実はやってることはホットパーマとほとんど変わりません。ただ器具が発達したおかげで重たい暑い長時間といったホットパーマのいやな部分を軽減してくれたわけです。ですから名称はデジタルパーマと変わっても、基本はホットパーマというわけです。

デジタルパーマのメリット

昔のホットパーマでは頭皮を焼いちゃうような短めの髪にもかけることができます。これは昔と違って低温で、デジタルで細かい温度調整が制御できるからです。(あ、だからデジタルパーマって言うんでしょうか?)そして形状記憶の名の通り、乾かすことによって高い再現性が得られること、長期間にわたってパーマが持続すること、仕上がりに軽い感じを出すことが出来ることなどがあげられます。また、各メーカーが揃ってダメージヘアーにもかけられると表記しているのもポイントですね。

デジタルパーマのデメリット

いいところばかり紹介しても読むほうから見たら信じられないですよね。デメリットもちゃんと紹介しておきましょう。まずは毛のあまり薄い人には勧められないこと。効果が実感しにくいようです。また、通常のパーマに比べて時間がかかる上に、ホットパーマから見れば軽減されたとはいえ熱くて重いのも事実です。また、熱によって髪の蛋白質を変性させますから(そのおかげで長期間パーマが持つんですが)、後でストレートパーマをかけたとしても100%元には戻りません。こうしたデメリットもちゃんと把握しておいてくださいね。



デジタルパーマの注意点は?

まずは自分の髪の長さや毛の量が少ない(すきバサミを入れているなどで毛先が少ない場合なども含めて)など、デジタルパーマに向かない人がいるということを認識して欲しいところです。もう一つ、デジタルパーマの紹介によく新感覚! という宣伝があるんですが、これは施術する美容院さんも不慣れな人がいる可能性があるということ。普通のパーマをかけるよりもさらにお店選びは慎重に行うべきでしょう。
2012/01/21 01:28

質問した人からのコメント

ありがとうございます!助かりました!

2012/01/21 23:08
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル