Q表皮常在菌を育てたいです。
頭皮がとても臭います。もしかしたら洗い過ぎで(昔一日2回以上洗っていたのが祟ってると思います。今は1回ですが)

表皮常在菌がいなくて納豆のような臭いが発生してるような気がします。
どうしたら表皮常在菌が住みやすい環境にできるのでしょうか?

弱酸性に保つといいとみましたが、石鹸シャンプーにクエン酸リンス?
もしくは石鹸等使わないのが一番?(でもお湯だけではべたつく気がします)

今はピュアナチュラルを使用していますがあまり変化はあらわれません。

真剣に悩んでいます。ちなみに今のシャンプーの方法は
・洗い過ぎないように一日1回のみ
・軽くマッサージするように丁寧にシャンプー
・リンスは毛先のみ(セミロングです)
・頭皮は赤くなったりしてません。またフケも全く出ません
・髪はしっかり乾かす。(かといって熱し過ぎない)
・整髪料は髪が汚れるのでつけない

以上が現時点での対策です。
ご回答いただけますようお願い致します。

補足

詳しく回答いただきありがとうございます。
やはりお湯ではべたつき、夕方あたりからシャンプーをしない時より臭い
職場の人に迷惑をかけている気がします…
なので、シャンプーとガスールやハーブ粉洗髪を交互にして
なれてきたら、シャンプーを止めようと思うのですが
それではあまり意味ないでしょうか?

解決済み2
2010/12/22 14:31

ベストアンサーに選ばれた回答

A「菌子ちゃんの美人法」という本に皮膚常在菌の育て方が載っていたので、参考にされると良いかもしれません。
2010/12/24 16:21
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
Aこんにちは。
皮膚常在菌を育てたかわかりませんが、今はお湯のみの洗髪、しかも二日おきです。頭皮の匂いは家族に確認してもらいまいしたがありません。
私もシャンプー使用時は質問者さんのように頭皮がすんごい匂いがしてるときがありましたよ。女なのでお団子にするのですが、洗髪したあと縛ったままにしていたら、その部分が悪臭&カサブタのようなフケになったり、また年中フケ&皮脂に悩まされたりとシャンプーを使用していたときは散々でした。

弱酸性に保つといい・・といいますが、ちょっとカラクリがあります。
皮脂と汗を餌にしてる菌の代謝物により弱酸性になるのです。ですので、常在菌の復活が大切だったりします。
洗浄剤は、この常在菌の餌を洗い流し、さらに菌まで殺菌してしまうので、極力使用しないほうがいいかもしれません。
しかし、長年のシャンプーの使用で皮脂過多になったり、常在菌のバランスが崩れたりすると、痒くなったり不快なため、いきなりのお湯のみの洗髪は本当にオススメしません。(何ヶ月もかけて「頑張ってギリギリまで耐える!」を繰り返しながらやっと二日おきでも痒くならないようにしました。)
徐々にシャンプーと湯洗髪を交互にして慣らしていき、四ヶ月過ぎたあたりからフケが無くなってきました。皮脂量も無理矢理脱脂しなければ不思議ですが減ってきます。

また、ベタ付く・・との心配があるかもしれませんが、一日おきなど無理がないようにお湯洗髪をしてみて、さらに温度が高めのほうが皮脂が良く落ちるため、男性は41度で10分近くなさる方もいるようです。(私はぬるま湯で三分ほど)
皮脂は界面活性剤と同様の成分のため、基本、お湯のみで落ちるそうです。
またネチネチしたものが付くということがあるのですが、これは水質と関係してるようです。これも布手袋などをはめて洗髪すると良いそうです。豚毛のブラシで洗髪前にこれでもか!とブラッシングするとイイらしく、私もその方法です。

しかし、「シャンプーを頭皮に付けないで洗髪」が一番気分的にやりやすいのでは?と思います。まずは一日おきから「頭皮はお湯のみ、毛先はシャンプー」にしてみてはいかがでしょうか。
2010/12/22 16:06
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す