Q髪をすくと、どうして、毛束などが出来やすくなるのでしょうか?
あと、すく前と、後ではどのような変化が見られますか?

補足

どのような変化とは、ヘアスタイルがどのように変わるのかということです。

解決済み2
2009/12/28 15:59

ベストアンサーに選ばれた回答

A髪をスキをすると すくと髪の量が減りますから当然毛先側も軽くなります 毛束が出来やすくなります。 ばっつん・ブッツン状態にちょん切られている スキが入っていない状態でワックスで毛束を作っても デザイン的にも毛先はシャープな先細の筆状態にはなりませんよね?

ワックスやスタイリング材を使って 部分的にハリネズミの様に 髪をツンツン・つんつんに突き立てるようなメンズショートスタイルブラックマヨネーズの小杉の様に(彼は自然にみたいですが・・) 地肌スケスケになるような スキ過ぎヘアスタイルまで スキ加減・スキ具合を調節すればいいわけです。

スキの後・梳いた後は 挟まれた所に短い髪が出来ます その分切る前に比べると髪の量は少なくなっているはずです。 デザイン的にも 毛先も軽く・薄く・筆のように先細状態にシャープにすることもできますが この仕上がりはスキ加減・スキ度合い次第です。




髪の毛をスキとは? すくとは? 他参考回答です
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313774358
2009/12/30 12:25
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
A髪の毛の性質として短い髪の毛は長い髪の毛に付いていこうとします。
だから、髪の毛を梳くと束になりやすくなるんです。
ヘアスタイルを作る時にこの作用を利用してカットをしているんですね。

同じ長さだとばらばらになるのは、付いていく髪がないからばらばらになります。
たとえば、ボブで内巻きにしたかったら同じ長さで切るより表面を短くしてあげると内巻きになるわけです。
逆に、表面を長くすると外巻きになります。
このような変化を利用しながら、美容師は削ぎやセニングを入れてるんですね。

ただ梳くといってもアウトラインと梳きの関係がうまくいかないとおさまりの悪いヘアスタイルが出来上がってしまいます。
少し前に、ヴィダルサスーンが、ブラントカットを確立しましたが、あれは削ぎがほとんど入っていないヘアスタイルでした。
髪の毛のアウトラインだけでつくりあげるようなかんじでしたね。
ブラントカットだと重さが残ってしまいますから、おさまりが悪いカットをした場合に削ぎを入れることによりなじみやすく、全体が軽く遊びの多いヘアスタイルを作ることが出来ます。
2009/12/28 16:46