Qヘアカラーについて
就職活動で髪を暗くしていました。その時は黒染めは避けたく、黒に近くできるだけ暗い色にしたいと毎回希望していました。
就活が終わったため髪を明るくしたいと思い、違う美容室に行くと美容師さんに黒染めが入っていますと言われました。私は、黒染めをしたことがないと伝えたのですが、そこの美容師さんによると私の髪は以前に黒染めをしたようで、そのためカラーをしてもまだらになってしまうということでした。

このように、黒染めを頼んでいないのに黒染めが入っていたということは普通なのでしょうか?
いつも同じ美容室に2.3回ほど行くと別の美容室に行くという感じで、どこの美容室で黒染めが入ったのかは分かりません。

2
2022/01/08 17:02
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答2件
Aこんにちは!頼んでも無いのに黒染めをするってのは普通ではありません・・・
そんな事はまず無いと思います・・・
それと美容室等では実際には黒ってカラー剤は無いんです。
通常はブラウン系のカラー剤になります(白髪染めには間違いないとは思いますが)そして白髪染めのカラー剤は3~9レベルが主流です(メーカーによってはもう少し幅は有りますが、基本 そんな感じです)
で、レベルがどうこうと言ってもピンとこないかも知れませんが、日本人の自然な黒髪のレベルが5レベルだと言われています。
なので、一般的に黒に近い暗い色って事になるとブラウンの5レベルを使用するのが殆どです、ですが担当者によってはそれよりも暗い3~4レベルを使用するケースも有ります(色落ちしにくい為)それらを黒染めと解釈?認識?する美容師もいてしまう訳です、又 ブラウンが基本になるのですが、ご存じ様にブラウンでも色々色味の違うラインアップがあります、寒色系で言うと マットブラウン・ブルーブラウン・アッシュブラウン・グリーンブラウン・イエローブラウン・クールブラウン等々、暖色系で言うとオレンジブラウン・レッドブラウン・ワインブラウン・ナチュラルブラウン等々メーカーによって呼び名は様々なのですが単にブラウンでは無いのが普通なんです・・・
そしてご存じのようにカラー剤は単に色素を髪に乗せるだけではなく、髪に化学反応を起こして髪そのものを変色させるのがヘアーカラーです、なので履歴によって前回と色味が変わったり、使用する薬剤のメーカーが異なると単純に色味が濁ってしまう訳です、なので積み重なると黒って事になりうる訳です・・・
なので、黒染めはしてませんって言う美容師は間違ってはいないでしょうし、黒染めしたでしょって言ってしまう美容師も実は間違いでは無いんです・・・
ただ説明不足であるのは確かだと思います(上手く説明するのが難しい、説明するのがめんどくさい)
って言いながらこの説明が分かりやすいかどうかは自信は無いのですが・・・
2022/01/08 17:38
Aそもそも美容院に"黒染め"って薬はないんですよ。
じゃあ黒染めして下さいって言われたらどうするか?
黒に見えるような濃い茶色を入れます。
つまり何が言いたいかというと、黒く見えるくらい暗い色=黒染めなんです。
それを黒染めと呼ぶかどうかは主観ってことです。
というか黒く見えてしかも明るくしやすいカラーがあったら誰もわざわざ色が残る黒染めしないですよ。
2022/01/08 17:29