Qなぜツーブロックが中学、高校で禁止されているのでしょうか?
校則で、ツーブロックをしてはいけない理由についてよくわかりません。
自分の担任の先生からは、高校生らしい髪型に適してないからかもしれないと言っておられました。

先生自体も高校生らしい髪型の意味が正直なところ、わからないとおっしゃっており、結局は校則に従わなければならないという結果になります。

自分でも校則は、守るべきだと思います。社会に出る際には、様々なルールやマナー、法律があります。ですが、そのマナーやルール、法律を守るのには、必ず納得のいく理由があります。

やはり、学生のうちは、個性などをできる限り「高校生らしい」ものにするべきでしょうか?

みなさまのご意見をお聞かせください。

解決済み2
2019/02/03 11:00

ベストアンサーに選ばれた回答

Aまず、「出る杭」ね。
流行のものがNGになるのは
昔から変わらないですね。
結局は、流行しているファッションの中で
はっきりと文字で提示できるもの
ツーブロックであったり、刈り上げでであったり、
触覚であったり、と定義できるものは
文字で禁止にしやすいと言うのはあると思います。
ですから、長さなどの曖昧なものに関しては
長さを何センチと指定することで
はっきりと禁止事項とするわけです。

取り立てて禁止にしなくてはならない事情が
はっきりとしないものの場合、
それを禁止してルールに従わせることによって
服従させるという隠れた効果があります。
大概のおとなしい生徒は黙って従いますから
他の物事においても従わせることに役に立ってます。
制服などもそういった理由もあります。

35歳の落ち武者ヘアが流行れば
それがNGヘアになることだってあるでしょう。
アナタがやっても、誰も羨ましがらない、
誰も真似する人が出てこない、
かっこいいと思われない、
そのようなことならば、
誰もやってなくても咎められないかもしれません。
2019/02/03 12:01
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
Aこの国には「出る釘は打たれる」という諺があります。
つまり目立つことは叩かれることになり皆と一緒が
目立たなくて一律と言う管理しやすい形なのです。
髪型も過去からの踏襲を経てある程度の範囲が
曖昧ながら決められているわけです、
ツーブロックなどと言う髪型は最近の物で
過去から継がれたものではないわけです、
そういう物に対しては得意な「前例がない」という
言い方で否定されるわけです。
2019/02/03 11:19
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す