Q自分は、ねば塾の固形石鹸を使ってるんですが
固形石鹸に品質の差(洗浄力や泡切れ等)はありますか?

解決済み1
2016/09/23 17:08

ベストアンサーに選ばれた回答

A石鹸は、原料油脂の脂肪酸のバランスによって、性質が変わります。

簡単に言うとオリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は保湿力が高く泡立ちの弱い柔らかい石鹸になり、
ココナッツオイルやパーム核油に含まれるラウリン酸はよく泡立つが肌を乾燥させる石鹸に、
牛脂やパーム油に含まれるパルミチン酸・ステアリン酸は固い石鹸になります。
たいていは、バランスをとって何種類かのオイル(または脂肪酸)をブレンドして作るのが普通です。

ひとくちに石けん素地(=脂肪酸ナトリウム)といっても、
脂肪酸の種類によって全然違う石鹸ができるということを知っておいて下さい。

くわしくは↓
代表的な油脂の石鹸の特徴
http://www.live-science.com/honkan/soap/soapchemistry05.html

一般的な大量生産の浴用石鹸は、牛脂またはパーム油約80%と
ココナッツオイルまたはパーム核油約20%くらいが基本と言われます。

しかし、市販の石鹸がどんなオイルで作られているかは、
ホームページでおおまかに公開しているメーカーもありますが、
詳細は、あまりオープンにされてません。
石鹸は、特に原料油脂の表示義務がないためです。
成分表示には、ただ「石けん素地」とだけ表記されます。
ユーザーが実際に使って使用感を評価するしかないのが現状です。

他に、石鹸の製法(窯焚き法、中和法など)の違いや、
成型の違い(機械練りと枠練り)によっても、石鹸の品質が変わってきます。
そのへんの違いは、商品情報として調べればわかるようになっています。

洗顔石鹸の選び方
http://www.live-science.com/honkan/jissen/senganerabi.html

石鹸の選び方---高品質な石鹸とは
http://www.live-science.com/honkan/soap/soapbasic02.html

ねば塾の固形石鹸(いくつかありますが、白雪の詩かな?)が
気に入ってるならそれでいいですが、
何か不満があるのでしたら、使用感の異なる石鹸はいろいろあるので、
自分にあったものを探すといいと思います。
2016/09/23 20:04

質問した人からのコメント

勉強になりました。

2016/09/23 20:53
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル