Q美容院で希望の色の画像を見せてカラーをしてもらったのですがイメージと違う色にされてしまいました。
ワインレッドの画像を見せたのに、赤茶になってしまいました。

美容師さんにイメージと違ったことを伝えると「これでもだいぶ入ったほうだと思いますけどね」と言われ、
お直しすると言われたけど「これでもだいぶ入った」と言われたのでこれ以上希望の色に近づくことは無理なのかなと思ってます。
最初からワインレッドができないのがわかっていれば違う美容院にお願いしてました。

お直しして色が入らないなら髪が痛むだけだし返金していただきたいのですが、可能でしょうか?

補足

見せた画像は本物のワインのような色のワインレッドの画像を見せました。
実際の色はちょっと赤っぽい茶色です。

美容師さんからはカウンセリングで何の説明もうけてませんでした。

やはり返金は難しいですかね・・
一度美容院にダメ元で電話してみたいと思います。

解決済み2
2012/02/16 21:56

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちわ

他の方もおっしゃっているようにイメージの違いは難かしいものなんですよね;
しっかりとカウンセリングしなかった美容師側が悪いんですけどね;

ただ、ワインレッドの画像のものがブラウンが入っていないような原色のようなワインレッドでしたら染め方が全く変わってきます
ブリーチをして色を抜き、マニキュア等の発色の良い薬剤で染めなければできないカラーになってきます
画像を見なければわからないですが…

どちらにしても、説明もなく画像と違う仕上がりになったのであれば美容師側が悪いですよね
一言でも「カラーではできない色味です」等の説明があれば返金はムリでしょう…
その一言がなかったのであれば、相談次第・店次第といったところです
頑としてお店側の責任ではないので返金には対応できませんというお店もありますので…

もしお直しも考えているのでしたら、お直しする前に「カラーだけで画像のようになりますか?ブリーチしてマニキュア等で染めなければできない色味なのでしょうか?」等と聞いてみてはいかがでしょうか?
2012/02/16 23:36
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
A美容師の方は故意にしたのでしょうか?

わざとの結果ではないかと思いますので、希望色に染め直す義務は

あるかと思いますね。

商売ですので返金は厳しいですね~

第3者からみれば色の相違は微妙な判断になりますので

返金要求は第3者からすると詐欺(クレーマー)ともとられかねませんので

慎重に・・・

ヘアカラーの希望色はある意味微妙であいまいです。

こだわりがあるなら十分にカラーカウンセリングを行うしかないですね。
2012/02/16 22:13
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す