Qカラー縮毛矯正を行った髪をシャンプーするとき、絶対に熱い湯を使ってはいけませんか?
美容院でカラーリングか縮毛矯正のどちらかを行ったときには、その日はもちろん、
2日くらいは洗髪を我慢した後に市販のシャンプーで洗い、ぬるま湯で洗い流しています。

熱い湯を使った方が、頭皮の汚れが取れそうな感じがするのですが、
カラーや縮毛矯正をなるべく長持ちさせるには、自宅での一番最初の洗髪以降も、
普段から市販のシャンプー+ぬるま湯を使うべきなのでしょうか?
(つまり、シャンプーをつける前の髪を濡らすときや、シャンプーやコンディショナーをつけて
洗い流すときに熱い湯を使ってはいけないか?ということです。)

また、いつもワックスやスプレーを使っているためか頭皮が痒く、
痒みが完全に取れるくらいまで、ついガリガリ力入れ過ぎでシャンプーしてしまうのですが、
これもカラーや縮毛矯正には良くないですよね?

基本的なことで申し訳ありませんが、どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

補足

熱い湯を使用しない方がいいということは分かりましたが、
では、逆にぬるま湯ではなく、水を使ってシャンプーした方が本当はいいのでしょうか?
(今の時期は寒いのであれですが・・・)

解決済み1
2011/11/29 23:09

ベストアンサーに選ばれた回答

Aカラーリングやパーマ縮毛矯正は酸化という原理を利用します。
カラーリングの際、1剤と2剤を混ぜます。
混ぜたカラー剤は、毛髪内部に浸透していき、毛髪内部のメラニンを壊しながら、色素をとどめます。
この時ににカラーの薬剤が酸化重合し、とどまるのです。
空気(酸素)に触れることが必要なのです。

また、パーマや縮毛矯正は、1剤が還元・2剤が酸化という原理です。
1剤で、毛髪内部の結合を切り、2剤で酸化することでウェーブやストレートが作り出せます。
このことから、酸化(酸素に触れている)ことが大事になってきます。

karlunlunさんが、施術を受けた日に髪を洗わないのは正解です。
カラーの色持ちや縮毛矯正の持ちが、そのほうがよいでしょう。
熱いお湯を使ってはいけない理由は、髪は濡れることによってキューティクルが開きます。濡れている時にキューティクルが開くということは、毛髪内部のタンパク質などが流出する可能性があるということです。
熱いお湯を、使用することのよってよりダメージを与えてしまうことになるからです。

しかし、カラーリングも縮毛矯正も、色の抜けなどは時間がたてば起きてしまいます。施術直後は、このようなことに注意しながら洗いましょう。

また、シャンプーの仕方はブログに書きました。
参考にしてみてください。
http://ameblo.jp/wiglab/entry-11092760550.html
WIGLAB(ウィッグラボ)でした。

補足
洗髪の温度について
シャンプーは、基本頭皮中心に洗います。
毛髪部分は、汚れがあまりありません。
水で落ち切れない汚れをシャンプー(界面活性剤)で浮き上がらせるのです。
シャンプーは、頭皮の汚れを落とし、清潔にします。
ぬるま湯(体温くらい)36度から38度ほどで、ゆっくり毛穴を広げることで、頭皮の油分がおちやすくなります。
ですので、水ではなくぬるま湯のほうが汚れがおちやすいのです。

では、ベストな洗い方を紹介します。
1.頭皮中心をぬるま湯でよく洗います。
2.シャンプーを泡立てよくマッサージしながら洗います。
3.よく洗い流します。
4.トリートメントをつけます。(毛先中心傷んでいる部分中心)
5.放置します。(毛髪内部に浸透します)
6.軽く流します。
7.リンスをします。(毛髪表面をコートします)
8.しっかり流します。

髪は、濡れているときにダメージを起こしやすいのです。
乾いているときの耐熱温度とは違ってくるのです。
ですので、水ではなくぬるま湯で頭皮をきれいに洗い、きれいな髪の生える環境をつくること。
そして、髪を美しく保つためにトリートメントをし、その後濡れている状態を少なくしましょう。
タオルドライも、髪をこすり合わせたりしないでください。

長くなりましたが、体温に近い温度で洗うことです。
2011/11/30 15:43

質問した人からのコメント

唯一のご回答有難うございます。 洗髪温度について、熱い湯でも水でも駄目なんですね。 今まで私は、一部間違ったやり方でシャンプーをしていたようです。 正しい方法を分かりやすく教えてくださったので、今後実践しようと思います!

2011/12/03 00:02
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル