Qこんにちは。いきなりすみません。

他の質問にてヘナに関しての記載があったためお伺いしたいです。
自分はヘナに関しては、今まで務めた店でも一件しか扱ってなく、ディーラーの言う事を信
じていたのですが、まだヘナはジアミンが入ってる物でも販売しているのですか?

なんか4年位前に販売停止になって、2年位前に復活してディーラーから今度は大丈夫ですと言われたのですが…。
確かに、100%天然なら黒とか出せないんじゃないのかなー?とは思っていたのですが、なんかインディゴを混ぜてどーたらこーたら説明された記憶があるのですが…。

あとノンジアミンとはいつ頃出てきた物でしょうか?分類すると、何になるのでしょう?明るく出来るとのことですが、アルカリカラー剤になりますか?
ここ1年ほど新しいカラー剤などの紹介はされていないので、特にマイナー(失礼ですが)なメーカーから出てる物だと情報が入ってきづらいです。

補足

ふむふむ、なるほど!
自分がキレイに色を出すことばかりで、そう言うアレルギー関連の勉強を怠っているのを痛感しました。目の覚めるような思いです。
現在、事情により美容業を離れていますが、来月から復帰しますので、参考にさせて頂きますね。甘えてしまって申し訳ないのですが、まだ調べて下さるとのことですので、BAはもう少し待ちますね。『昔そんなのがあった』程度ですので、時間等無ければ 大丈夫ですので(^-^

解決済み1
2011/04/06 04:07

ベストアンサーに選ばれた回答

Aノンジアミンカラーは、1年くらい前だと思います。
私も、最近になって知って取り寄せたので、その辺の事は詳しくはないのですが.......

分類は、化粧品登録になっています。

出してるメーカーは、私の知る限りでは「セラ」というマイナーなメーカーと「タマリス(玉利)」の2社だと思います。
ネットで「ノンジアミンカラー」と検索すれば出てくる筈ですよ。

インディゴを混ぜたヘナですが、私もちょっと調べてみますので、少しお時間を下さい。
調べもしないで否定する訳にもいきませんので。

捕捉:私は「色を奇麗に出す」「色持ちを良くする」「ダメージ予防」「頭皮への刺激」それぞれ別物と考えていますし、アレルギーに関しては、そういう物の全く別次元の物ですので、別物に考えた方が良いです。
刺激による頭皮の荒れや、頭皮が沁みたりするのとも全く別の事ですから、酸性カラーであろうが何であろうが、極端な話し、オシキを入れなくて1液だけ塗ってもジアミンのアレルギーは同じ様に反応します。

初めてカラーされる方、特に花粉症やアトピー、食物アレルギー等の方には慎重に考えて下さい。
私は、初めてカラーされる方には、まず何らかのアレルギーを持っておられないか確認します。
アトピーの方は見た目で分かりますが、食物アレルギーの方は見た目で分かりませんから。

インディゴのヘナ、友人のヘナ博士にメールしておきました。
メーカーよりもアテになる男なんです(笑)

あっ、それと.....
最近はマイナーなメーカーは侮れないですよ。
大手メーカーが作っていない物の隙間を付いて良い物を出していたりしますし、国内メーカーで小さいメーカーの方が海外の大手メーカーよりもダントツに良い物を作っています。
商品開発に凄く力を入れていますので、最近は私も国内メーカーしか信用していませんし、国内メーカーの商品しか買っていません。


捕捉2:文字数制限がある為、前半部分は削除させて頂きました。

ヘナのインディゴは分かりました。
インディゴはジアミンは含まれていないそうです。
インディゴとハーブの色素を入れているらしく、ジアミンアレルギーの方でも大丈夫という事です。

ただし、インディゴですから色がブルーだけ。
オレンジと上手く調合したり、オレンジを入れた後で上からインディゴを入れていく事で、ブラウンに近づける事はできるみたいです。

他の黒やダークブラウンは、確実にジアミン色素が含まれているという事でした。

たま、数年前に販売停止になったのは、ジアミンじゃなく、法律で使用を禁止されている鉱物系で人体に有害な物が検出されたのが原因らしいんですが、ヘナだけじゃなく、乳化剤からもその様な成分が検出されています。
なので、乳化剤を使うタイプに関しては、どこまで乳化剤の成分が変わっているのかは疑問ですね。

だから、ジアミンアレルギーの方だけじゃなく、鉱物系のアレルギーの方の健康被害も数多く報告された様ですよ。

「ヘナは天然成分だから大丈夫」とお客様に勧めて使っていても、所詮は厚労省認可を受けていない商品ですから、成分の分析もされずに販売していたという事です。

化粧品や医薬部外品登録されている商品では、不明な成分が含まれている事は考えられませんから。

「天然を謳っているから安全」という様な事を鵜呑みにせずに、何が本当の安全なのかを、我々美容師が深く考えて、本当に安全な物をお客様に提供していかないと、健康被害が出てから謝っても遅いですしね。

ジアミンに関しては、花粉症や食物アレルギーと同じで「アレルギーが出る事があるから身体に悪い物」という単純なレベルで考えていては、素人と次元が変わらないと思います。

アレルギーというのは、小麦粉やピーナッツを食べて死ぬ人もいます。
それを知って「小麦粉を食べたらヤバい」とは思いませんよね?
そんなこと言いかけたら、どんな人にもアレルギー反応が出ない食べ物なんか、殆どない訳ですから。

私は、ジアミンもそういう物だと思っていますし、アレルギーを持っていない方には普通にジアミンを使っています。
ジアミンが人体に有害なら、シャンプーの時に、それを手の平(手の平と足の裏にはバリアーゾーンがないから人体の中で、有害な物を唯一、角質層より奥まで浸透させる皮膚組織)で乳化させて擦り込んでる美容師なんか、みんな死んでしまいますよね?(笑)
2011/04/06 09:26

質問した人からのコメント

非常に詳しくありがとうございました。アレルギーと刺激は別物だったりと今まで深く考えもせずに使用していたのだなぁと痛感しております。お客様一人一人に合った薬剤をチョイスしてあげられる様、そしてそれを分かりやすく説明してあげられる様に、しっかりと勉強しなくてはいけませんね。まだまだ自分には学ぶ事がいっぱいあると思うと来月の復帰が楽しみです(^O^)ありがとうございました。

2011/04/06 18:33
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す