Q白髪は、なぜ出来るのですか?

20代です。
友人に白髪を発見されました。


若白髪というのは、何が原因で出来るのですか?友人は、「疲れてるんだね~、ストレスたまってるの?」と言いますが、ストレスで白くなるのでしょうか?

そういえば『ベルサイユのバラ』でマリー・アントワネットのブロンドが、恐怖で白くなる場面がありましたね。

やはりストレス?

解決済み5
2011/02/25 20:34

ベストアンサーに選ばれた回答

A白髪という言葉には、「稀に髪の毛に混じっている白髪」を指す 場合と「若いうちから多量の白髪が混じっている状態」を指して使 う場合があります。 後者の若白髪は、親からの遺伝が原因となって起こる事が多いです。 遺伝による白髪の場合、皺やたるみといった皮膚などの外見の老化 が見られないうちから発生することが多いです。 ○ストレスによる若白髪 極度のストレスは、胃潰瘍などの身体の働きに重大な影響を与える ことがあります。 ストレスの影響で毛髪にメラニン色素が送られなくなって若白髪が 発生することがあり、場合によっては黒髪が途中から白髪に変わっ てしまうことがあるほどです。ストレスが原因で起こる身体の異常 は、ストレスの原因が解決すれば好転することが多いといわれてい ますが、原因のストレスが解消する事は少ないのが悩みと言えます。 他には、栄養不足からくる若白髪、老化現象による白髪、病気が原 因となる場合などがありますが、病気が原因の場合は、遺伝子との 因果関係を持っているのが特徴的といわれています。
2011/02/26 11:43

質問した人からのコメント

ベストアンサー迷いましたが、非常に明快で分かりやすかったこの方に 皆様ありがとうございました

2011/03/04 13:24
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答4件
A白髪は、Bcl2とMitfの二つの遺伝子が発生の過程に関係していると考えられています。

毛嚢の基部にある幹細胞が、毛髪や肌の色素の生産と保持を行う細胞であるメラノサイトの発生を受け持っていて、メラノサイトを生み出す幹細胞の死により、毛髪は白髪に変化し始めます。

現在ではまだ白髪の発生を防いだり遅らせるための有効な手段はありませんが、白血病患者の治療を行っているフランス人科学者達によって、予期しない副作用を持つ抗がん剤が発見されています。
これらの抗がん剤を投与された幾人かの患者は、進行中の白髪頭から回復しています。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/2180244.stm

1996年のBMJ誌においては、J・G・モーズリー主導の研究により、喫煙が早期の白髪の原因となる可能性があることが指摘されています。
この研究で、喫煙者は非喫煙者と比べて4倍の確率で若年期に白髪が発生することが発見されています。

白髪は、色素幹細胞が紫外線などの影響でDNAが損傷を受けることなども原因で発生します。
DNAの損傷を修復できないと判断すると自己複製機能が失われ、すべて色素細胞に分化してしまいます。
色素細胞は、毛髪の成長期にはメラニンを生成し続けます。
しかし、色素幹細胞が複製できないため、その数は減少します。
つまり色素細胞の数が減少してしまうことになります。
次に続く色素細胞がなくなっていくことで、白髪が増えるというわけです。
幹細胞の枯渇と合わせて、ヒトの早老症原因遺伝子(ATM遺伝子)が、幹細胞の働きを監視する機能を持ち、幹細胞の質を維持することで、幹細胞が分化して枯渇してしまわないように働いていることも明らかになりました。
つまり、加齢とともにこの監視機能が失われることで、複製・分化の量的バランスが崩れてしまう、ということ。
この監視機能の働きを維持する方法が見つかれば、黒髪を保てることにつながります。

白髪は、色素幹細胞のDNAの損傷が原因ですが、紫外線のような外的要素だけでなく、内的要素、つまりストレスなども関与していると考えられています。
それを考えると、ストレスを解消するための運動や趣味、生活習慣や食生活にも目を向ける必要があると思います。
規則正しい生活を送り、バランスのよい食事を摂る。
毎日の生活を見直すことも、白髪予防につながることなのかもしれません。
2011/02/26 23:13
A原因というのは未解です。もしそれが解ればノーベル賞という都市伝説もあるようですが真偽はさておき、原因が解れば黒にすることも可能な世の科学です。

ただし要因はメラノサイトより生成されるメラニンに色がついていないとうことでしょうね。ではなぜ色素生成がなされないのか?
白髪の多くは年をとったら出ることが普通で、血液中の「何か」が欠損しているという学説もあり、これは遺伝(若白髪)であったりストレス説もありますが確かなことは解らないというのが現状です。

※ ストレスという語に惑わされないように。 「ストレスが原因です」 といえば全てが論理に外れます。
そういう医者がいたらこう言い返してみたらいかがでしょうか ・・
「ストレスがいかなるメカニズムでこの症状を引き起こしているのですか?」 と。
医学的に説明できないなら全て迷信です。
2011/02/25 20:46
A原因はいろいろな物があります
遺伝・加齢・ストレス・生活環境・病気

発見されたと言う程度

20代と言うことですので

原因は 遺伝・ストレス・生活環境 いずれかでしょう。

ストレスは頭皮の毛細血管の血流を悪くし毛根細胞が弱る これには抜毛も伴うことが多い

遺伝:爺さん・父など白髪派 ですか? 禿げ派ですか?

生活環境: 食生活 髪を染めたり髪に負担を与えていないか 清潔に保っているか


ってところですかね。。
2011/02/25 20:42
Aストレスもありますが、思い当たらなければ遺伝要素が強いみたいですよ。

お父様かお母様(もしくはお爺様お婆様)の傾向はどうでしょうか?
うちは母が若白髪が多かったらしく、私はその傾向を引き継いでいます。
2011/02/25 20:39