Q美容師さんにご回答いただけると助かります。
先月、カラー経験が浅いアシスタントさんがカラーリングしてくれたのですが、元々白髪が染まりにくくてスタイリストさんが試行錯誤しながらやっと
先々月にきちんと染まるようになったので不安がありました。
いつもはお客さんが重ならないのですが年末ということもあって時差で3人重なっていたのでしかたないのですが。
途中スタイリストさんがチェックしてくれてはいましたが不安的中で、翌日鏡で見たら根元のムラがあり白髪の染まりも悪かったのですが、こちらも仕事の都合でお直しをしてもう時間もないので連絡もせずそのまま諦めました。
今月予約を入れる際に前回染まりが悪かったのでカラーリングもスタイリストさんにお願いしたいと要望することは失礼なのでしょうか?
先々月きちんと染まったのに先月染まらなかった要因はいくつかあるとは思いますが、素人目からすれば他の人が行ったというのが一番に来てしまうので。
あとアシスタントさんもとても良いかたなので失礼にならないか、とも考えてしまいます。

補足

お店はカウンセリングから仕上げまで一人のスタイリストが担当となっていて、指名料がスタイリストさんによって1,000~2,000円取られ、担当スタイリストさんは2,000円近い指名料です。

解決済み2
2019/01/04 13:46

ベストアンサーに選ばれた回答

A美容室経営者です。

まず、染まり損ねた原因ですが、白髪染めはある程度溜めて塗らなければ染まりきらないケースが多く、敢えて今回は違うヘアカラー剤に変えたなどの事情がないとすれば、ご想像通り「塗り方の問題」であると思いす。

ただ、それは特別に難易度の高い技術でもなく、美容師なら誰でも通常に練習すれば身につく程度のものなんです。

お客様からは「スタイリストが自ら塗布してほしい」と手段をオーダーされるより、「染め残しがあったので無い様にして欲しい」という結果に対する要望を伝える方が良いと思います。
指名料が2000円の美容師は、どんな手段を取ったとしてもその価値に見合った結果を出すべきですし、お客様の立場からは「結果に対してのクレーム」を伝えた方が対策を取りやすい美容師が多いでしょう。

その事実を踏まえた上で指名のスタイリストがアシスタントへの指導力に欠ける様なスタイリストであったとしたら、自分で全部塗らなくてはならないのは当然だと思います。



他の回答者様と対立するような書き込みになってしまいますが、
「アシスタント業務をスタイリストにお願いするとうことは、システム的には通常別料金を払ってもらわないと割に合わない」
などというのは、当該回答者様の経営的な都合であって、お客様は「自分は練習台でもかまわない」と考えているとは思えません。「通常価格」以外に「何価格」があるのか僕にはわかりませんが、もしそれが「割引」を指すのだとしたら、練習不足の人に経験を積ませるための「割引価格」を止めるか、若しくは「アシスタントの練習台にするのでお安くなるクーポンです」と明記すべきではないかと思います。
2019/01/04 17:24

質問した人からのコメント

美容室、客、双方の立場でわかりやすかったこちらをBAにいたします。ありがとうございました。

2019/01/04 21:29
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
Aアシスタントの給料を払うために、どうしても重ねて予約をとらなければなりません。
アシスタント業務をスタイリストにお願いするとうことは、システム的には通常別料金を払ってもらわないと割に合わない仕事になってしまいます。
「忙しくて直す時間はなかったけど、染まっていなかったので気をつけてほしい」と言うだけでも気をつけます。
アシスタントもいずれはスタイリストになるので、アシスタントを禁止させてしまうのは育たないと同じになってしまいます。
店にとってもお客さんにとっても不都合になりかねないので、気に入ってる美容院ならなおさら、突き放すのはやめていただくと嬉しいです。

どうしても一人で担当してほしいなら、マンツーマンのサロンを探すことをおすすめします。
2019/01/04 14:17
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す