Q私は元々、髪の毛の色素が薄く茶色っぽい髪の毛だったのですが、つい2、3年前からその茶色さが増して来て、前髪なんかはほぼ金に近くなってきました。
現在高校二年生で、高校生入学と同時にテニス部に入り、日に当たる機会が多くなったのが原因で痛んでしまったのかと思ったのですが、散髪しても髪の毛は元の色には戻らず、むしろ明るくなっていきます。そろそろ生徒指導部の先生に注意されないか不安になってくるほどです。原因は何なんでしょうか?

解決済み1
2017/05/21 20:31

ベストアンサーに選ばれた回答

A茶色さが増すということは色が濃くなると解釈してしまいますが、金色に近くなってきたのなら色が薄くなっているわけですね。

髪を切っても色が戻らないという点ですが、ほとんど毎日部活で日光に晒されているなら切っても色が戻らないのは頷けます。
紫外線により髪が痛み、色素が抜けてしまうことがあるからです。

それほどに髪の色素が薄いのであれば、質問者さんは肌も白いのではないでしょうか。
元々あなたはメラニン色素が薄いということであれば、ここに書かれたことを先生にそのまま伝えても理解してくれると思います。
2017/05/21 22:22
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す