Q前髪が脂っぽくなっちゃうのを防ぐために、前髪を重く量を増やそうと考えているのですが、これはあまり意味ないですか?

解決済み1
2016/12/06 23:01

ベストアンサーに選ばれた回答

Aこんにちは。
花王公式サポートのヘアケア担当です。

前髪が脂っぽくなるのを防ぐため、前髪の量を増やそうと考えているが、あまり意味ないか、とのご質問ですね。

前髪が多い(長い)と、その分脂っぽくなりにくくなるのでは、とお考えなのでしょうか。
頭皮からの皮脂の分泌量が一定ならば、一定量の皮脂が髪に移行することになります。前髪を多く(長く)しても髪の本数は同じですので、髪の根元の脂っぽさは変わらず、髪を長くした分、皮脂が達するのに時間がかかる先端部分は脂っぽくなりにくい、ということはあり得ると思います。

頭皮は全身の中でも皮脂腺や汗腺が多く、分泌がさかんです。また、髪が多く生えていることで、頭皮上の皮脂が取り除きにくいという特徴もあります。この皮脂が髪へ移行し、髪を脂っぽくします。
そこで、根本的に前髪が脂っぽくなるのを防ぐために、シャンプーのしかたを、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

特に前髪がスッキリ洗えるシャンプーのポイントをご紹介しますので、ご参考になさってください。
①シャンプーの泡立ちをよくするために、髪と頭皮を充分に濡らしてください。予洗いのお湯の温度を少し高めにするのもいいかもしれません。
②前髪にヘアスプレーなどの固まるタイプのスタイリング剤がたくさんついている場合は、先にリンスやコンディショナーなどをつけてほぐしながらとってからシャンプーすると効果的です。
③髪の上からのなで洗い、なですすぎになっていないか、思い起こしてみてください。シャンプーを手のひらに取って、地肌の何箇所かに分けて塗布し、地肌を指の腹でマッサージするように洗いましょう。地肌用洗浄ブラシを使うのも効果的です。毛穴周辺の皮脂もすっきり落とすことができ、便利です。
④泡立ちが悪い場合には、いったんすすいでもう一度シャンプーをつけて、地肌にしっかり行き渡らせます。泡が立つのが洗浄力が働いている目安です。
⑤洗う時にしっかりと取った汚れも、きちんとすすげていないと頭皮に残すことになってしまいます。たっぷりのお湯でていねいにすすぎましょう。すすぎの時にも、意識して頭皮を指で触れながらすすいでみてください。

ご参考になりましたら幸いです。
2016/12/07 12:23
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す