Q一ヶ月で染め直しは傷む?

定期的に美容院でヘアカラーをしており、10/26に8から6トーンに落としました(あまり変わらず割と明るい)
12月上旬に諸事情で黒に近い色に染めたいのですが、一ヶ
月程度で丸々染め直しは相当傷みますよね…?
髪の毛が猫毛で細く、ただでさえ傷みやすい髪質です。
ヘアマニキュアも検討していますが、ムラになって落ちてくる・落ちると赤っぽくなる・汗で落ちる
と聞くのですが実際どうなのでしょうか。

12月に黒でヘアカラーするより、
今回ヘアマニキュアで黒っぽくし、(もし変な色合いになれば)間を置いて染め直した方がダメージはマシでしょうか。

教えてください。宜しくお願いします。

解決済み2
2014/11/23 02:04

ベストアンサーに選ばれた回答

A美容室経営者です。

美容室に、

「酸性酸化染毛料を使って、ダメージしない様にトーンダウンして欲しいのですが可能ですか?」

と質問します。

「え?? 何ですか? もう一度おっしゃってください・・・ええええ」

という対応の美容室には行かず、

「はい可能ですよ。トーンダウンの時は普通はそうします」

という対応の美容室に行けば大丈夫です。


ちょっと意味を説明するのと長くなりますので省略しますが、意味が理解できない美容師もいると思うのでそういうところではこの様な対策は望めません。

また、ヘアマニキュアでも色の調合しだいでは赤っぽくなったりしませんが、シャンプー時の色落ちと、白い服などに色が移る可能性があります。
2014/11/23 09:15
レディースの人気ヘアスタイル
メンズの人気ヘアスタイル
回答1件
Aこんばんは!美容師をしています。

ヘアマニキュアは傷まないと昔から言われてますが、実際はほとんど何で染めても傷みます。

さらにマニキュアでかなりトーンダウンすると、シャンプーなどで薄くはなっていくものの、明るくしたい時にはかなり難しくなります。

染めの傷みの差はそれぞれでメリットデメリットがある感じですね。

酸性酸化染料はカラーの中ではダメージは少なめで染めれる方法としてはイイと思います♪

草木染めのヘナやインディゴ(特にヘナ)は科学薬品と混ざって無いものであれば、い草みたいな匂いがする、キシムなどデメリットのデメリットはありますが、髪の密度が上がるしある程度暗くもできます☆

ただ、科学薬品が混ざってるものは結局はカラー剤の少しマイルドにした程度です。

既出にあるように酸性酸化染料が簡単で無難にイイと思います。

どうしてもトーンダウンしたいのでしたら、酸性酸化染料かヘナとインディゴの混ぜ物なしがベストだと思います。

ただし、そのあとのトーンアップの際はどれでトーンダウンしてても、かなりのダメージが出るしムラにもなるのを覚悟する必要があると思いますので、参考にしてくださいね。
2014/11/28 17:36
おすすめキーワードからヘアスタイルを探す